長嶋茂雄を参考に、病気克服もエピソードにする高齢化とは?

不屈の闘志に見る未来

久しぶりに「ブログタイトル」に合った記事を書いてみたいと思います。

「最も元気のいい高齢者」と尋ねられたら躊躇なくこの人の名前を挙げますね。

 

長嶋茂雄さんです。

 

13年前に「脳梗塞」で倒れ、その後懸命なリハビリで見事に復活されました。

 

当初は言葉も少し拙かったのですが、それも克服されましたし、右手だけ不自由でも左手でリカバリーされてます。その立ち位置を見る限り、ハンディを感じさせません。

まさに長嶋茂雄さんこそ「ポジティヴの塊」と言えますし、先日書いた「鬱状態」から最も遠く離れた場所に居られる方と言えますよね。

 

つまり「高齢者のモデルケース」的な存在と言えませんか?

 

現役時代の(プロ野球での)実績は別格として、よく「大ボケのエピソード」が紹介されました。確かに楽しくて微笑ましいエピソードですが、これこそ高齢化社会に「必要なメソッド」だと思うわけです。

 

「長嶋茂雄は別格」

 

そう、決めつけないで真似する事も大切だと思いますよ。

寧ろ前向きに「長嶋茂雄ペースト」を取り入れながら「高齢化社会」に突入していく姿勢を持ちませんか?
スポンサーリンク

長嶋茂雄的「生き方指南」

①目標達成をイメージする。

現役時代は「驚異的な勝負強さ」を誇りましたが、これは同時に並外れた「イメージトレーニング」を持ってられたのです。つまり目標を定め、それを達成(成功)するまでの流れを頭の中で「完成」させていたそうです。

高齢化へ進むにつれ、衰えの壁に遮られることが増えてきます。それは同時に気持ちすら萎えさせる材料に繋がりかねません。

 

まず、目標を持つ事から始めましょう。

 

それをクリアするイメージで取り組んでいくとモチベーションも上がりますし、気持ちに張りが生まれます。

②アスリート思考を持つ。

これは以前にも書いた事と思います。

 

自分を「アスリート」と思って下さい。

 

何も特別にスポーツをする必要はありません。少しでいいから「身体に負荷をかける」習慣をつけて欲しいわけです。負荷をかけた箇所は間違い無く鍛えられ、強くなります。

長嶋茂雄さんが、元気な姿を見せられているのも「長年鍛えてきた貯金」が効いていると思いますよ。

散歩でもサイクリングでもいいので、身体を動かす事の「ルーティン化」を目指して下さい。

③脳天気にいきましょう。

ピンチになっても「面白くなってきたぞ」と構える精神ですね。脳天気という表現は極端過ぎますが、考え過ぎて神経を擦り減らさないことなんです。

物事を大らかに構える大胆さを持ち続けていきましょう。

 
スポンサーリンク

楽しんで生きることです。

素敵に歳をとる」とは、言い換えれば「生き生き」と過ごす事ですよね。

生きてる限り、色々なネガティヴな出来事が内外で体験するものです。それを上手く凌いでトータルとしてポジティヴに生きる方法を模索していると、長嶋茂雄さん程「適任者」は居ないと思います。

誰もが「脳梗塞」で倒れた際「もう表舞台に立つ事は無い」と感じましたよね。

 

ところが、今は精力的な活動をされてます。

 

そんなエネルギーを私達が共有しないと損になりますよ。

「あの人は特別」と思わないで、長嶋茂雄さんの歩かれた道を私達も通っていきましょう。

変に若ぶる必要はありません。まずは、自分の身の丈に合った「活動力」を決めて下さい。

それを少しぐらい「いい加減」で、構わないでモチベーションを落とさずに続けていきましょう。

 

「40代~50代」から「老人力」を鍛えていくことをお勧めします。

 

高齢化社会を迎えるに当たって、参考になるべき「有名人」は精神的な利用価値があると思いますので、これからも紹介していきますね。

高齢化社会をネガティヴな世界にしない事も、これからの課題として取り組んでいきたいわけです。
スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください