体脂肪率を一桁まで減らす理想の簡単なダイエット法は?②

タイムマネジメントを生かす

③甘い物は時々食べる

「ダイエットの敵」と聞けば「糖分」になりますよね。最近の「炭水化物」も結局のところ「糖質」ですから、痩せたい限りは「糖質との闘い」を避けられないという事になります。

その代表的な「甘い物(スィーツ)」ですが、完全に断たなくても大丈夫です。

カロリーを制限した生活を送っていると、少し疲れたり精神的なストレスも全く無いとは言い切れません。

 

よって、少数限定ならば「食べてもOK」です。

 

ただし、頻繁に食べたり夕食後のデザートで食べるのはNGですよ。とくに寝る前は絶対に止めて下さい。その日一日頑張った事が、全て帳消しになりますので。

 

できたらD(カロリー消費)の前あたりに少量口に入れる程度が理想ですね。

 

また「ガッツリのスィーツ」ならA(朝食)代わりに食べて下さい。ポイントは、あくまC(夕食)の前後は食べないという事で。

 

そのルールさえ守れば「スィーツ」も「タイムマネジメント」で食べられますよ。


スポンサーリンク

日常生活に負荷をかける

④汗かけるチャンスは逃すな

D(カロリー消費)を考えた場合、何か面倒な印象はを受けませんか?

 

「特別な運動(体操)をしないといけないのでは?」

「毎日続けるのはねぇ…」

 

こんな考えが、脳裏に浮かんだ方も多いと思います。

 

 

はっきり言って「必要」ありません。

 

 

もちろん、率先して(ダイエットの為の)運動や体操を行う方がいいに決まってますが、なかなか時間は取れませんよね。無理に作っても「挫折率」が上がるだけです。

 

しかしD(カロリー消費)は大きい方がいいのです。

 

 

答えは簡単。

 

 

日常生活に「負荷」を落とし込めばいいんです。

 

 

私が実践したのは「職場から最寄駅まで走る」「駅ではエスカレーターを利用せず階段を使い、駆け上がる」「自転車で距離の離れたスーパーまで買い物に行く」「自転車で行ける範囲を歩いて行く」etc…

 

こんな感じですよ。とくに義務感で毎日行ったわけではありませんし、出来る機会があれば行った感じですよ。

 

つまり「汗をかくチャンスがあれば率先してかきましょう」という事です。

 

食生活で「節制」してるわけですから、特別な運動は必要ないと思います。

ただし、日常生活において「負荷」かける機会があれば「見逃さない積極性」は持つようにして下さい。
スポンサーリンク

満腹感をコントロールする

⑤目で食べる

「タイムマネジメント」と大袈裟に紹介しましたが、それ程斬新なわけでもありませんよね。

 

 

簡単に言えば「夜食べない」だけなんです。

 

しかし、なかなか実践出来る人って少ないんですよ。後は「やる気」だけと思いますので。

 

この項の締めは「ある程度ダイエットが進み、体脂肪率も順調に下がった」段階で実践する事なんですが…

 

敢えて「グルメ番組」を観たり、「グルメ本」に目を通して下さい。

 

一種のテストみたいなものでが、つまり「視覚から入る(食べ物の)情報」に自身がどんな反応を示すか試すわけです。

 

少し「荒行」みたいになりますが、何とも感じなくなればOKです。

 

テレビで「グルメリポーター」がガツガツ食べてる姿を観ただけで「満腹感」を感じませんか?

 

 

これを私は「目で食べる」と呼んでます。

 

 

つまり、節制してるわけですから「食べ物の情報には心が揺れる」のです。

故に普通は「避ける」のですが、逆転の発想で「観る(見る)」方が挫折しない事に気付いたんです。

 

テレビや本で伝わる「数々のグルメ」は総じてカロリーが高く、太りやすい物が多いですよね。それを積極的に目にする事によって「イマジネーション」を起こすんですよ。

 

 

「これ食べたら太るな」

 

 

そういう意識を掻き立てる事により、進行してるダイエットの失敗を防ぐ効果があります。

 

「毒をもって毒を制す」

 

実際私が実践した事ですから、間違いないですよ。

 

以上2回に分けて書かせて頂きました。もちろん実行するしないは、自身の意思ですから、あくまで自己責任の範疇でお願いします。

 

しかし、決して無茶ではありませんし「体脂肪率一桁」も可能なダイエットと思います。

 

そのカギは「時間」にあったのです。
スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください