「風邪引き」の時に必要な食

迷わず「糖分」取って下さい

数年振りに引いた風邪も、何とか回復し「平常通り」のコンディションに戻りました。身体の変調を感じた時は「しまった!」と思ったのですが、軽い症状の時は「自己治癒」で何とか凌げますよ。

熱が高くなかったのも幸いしました。発熱とは、体内に侵入したウィルスを白血球が撃退しようと「追撃態勢」に入ってる状況なんです。

それだけの「ウィルスが侵入」していないので「追撃」も緩めだったのでしょう。しかし、熱が高い時は速やかに病院で診察を受けて下さいね。私の場合は「自己治癒可能」な範囲だったので収まりましたから。

そして「食」ですね。改めて体調不良の時は(食が)大切になってくると実感しました。

あくまで「身体が要求する物」を素直に取る事ですし、決して「身体に悪影響を与える物」を欲する事はありません。

この様な状況下では「糖分を含む物」を要求してきます。今は何かと悪者にされる糖分ですが、躊躇なく取って下さい。それは(糖分が)身体にとって「燃料」みたいな役割を果たしているからです。
スポンサーリンク

どんな「食」が要求されるのか?

基本的に「水分と糖分」含む物が欲しくなりますよね。いくら「糖分OK」でも「ケーキやクッキー」は食べないですよ。まず胃が弱ってますから、消化のいい物が前提にまります。

「粥」もよく風邪引き時に出されますが、個人的には「味噌汁やスープ」という汁物の方を推したいですね。野菜中心の具を入れると、栄養価も高い上に消化もいいですよ。

~風邪引き時に要求されやすい食~

①果物、乳製品、デザート類

②麺類

③スープ、汁物

・果物はリンゴ、ミカン等の柑橘類、キーウィが最適。バナナは栄養価が高いものの、水々しさに欠けるので要求度は低いかも。

・乳製品ならヨーグルト。できれば寒天タイプの方が喉越しが良いので、要求度は高いかも。

↑このタイプのヨーグルトは食べやすいですよ

・デザートはバニラアイスクリーム、プリン、寒天で作ってる水羊羹や蜜豆等が最適。

・麺類はウドン限定で、細い麺の方が消化を考えて優先する方がよい。ラーメン等の中華麺や和蕎麦は控えるべき。

・前出の麺類より、野菜等を入れたスープ、味噌汁等の汁物の方が消化面を考慮してお勧め。

一方的に書かせて頂きました。他にもあると思いますが、大切なのは「身体の要求」を読み取り早目に食べる事ですね。

これらが「風邪に効く」のではなく、身体の変調を整える「補助的役割」を担ってくれると思いますよ。
スポンサーリンク

「風邪を引かない為」の食は?

これからが寒さのピークを迎えます。1月や2月はインフルエンザも猛威を振るいますから、一層の注意が必要です。

今回は「風邪を引いた時の食」をメインに書きました。しかし本来は、引かない方がいいんです。そこで「予防」になる食を考えてみました。

まず、引いたら要求するのは「身体を冷やす食」に集中します。一方、予防は逆で「身体を温める食」を中心となるわけです。

食材で言えば「生姜」「片栗粉(葛)」ですね。

以前「生姜湯」を推奨しましたが、他にも片栗粉を溶いたベースに擦り下ろし生姜を入れると「風邪予防アイテム」になります。

↑市販の「生姜湯」の中でもお勧めです

これを他の料理の「出汁ベース」として利用して頂きますと、身体を温めて風邪予防に最適な一品になるはずです。正直「絶大な保温効果」がありますし、これ以上に保温性の高い食材を私は知りません。

「医食同源」は冬場になる程、必要性を感じますね。基本は「引き始め」にキッチリ治す事です。少しでも「自己治癒」が可能なら、率先して取り組みましょう。まだまだ寒い時期は続きますので…
スポンサーリンク

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください