大腸ポリープの検査は痛い?どうしても気になる癌検診の実態

検査は率先して受けましょう

スポンサーリンク

50代に入り「生活習慣」のレベルは一定に保ってますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

「保っている」という事は「上げている」と同じ意味を持つのですが、若い頃と変わらない過ごし方をされてるのであれば「下がっている」と言わざるを得ません。

 

 

 

 

 

 

 

 

は機械ではありませんが、やはり半世紀も生きていると「身体の機能」は衰えてきます。それ故に「健康リスク」が高まりますから、基本として「生活習慣」「レベルを上げる」事は必須条件になるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

「運動、休養、食生活」

 

 

 

 

 

 

 

 

「休養」には「睡眠、ストレス解消」も込みで括ってます。また「運動」「ハード」ではなくても身体を動かす事を目的としています。「食生活」は言うまでもなく「栄養バランス」ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上記の要素を高めながら、常に「自分の身体」の状態を把握する様にして下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

出来る事なら、月に一回は病院で問診を受けて医師の意見を伺うといいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

職場においては「定期健康診断」があります。簡易的な検査と問診だけの場合もありますから、それだけでは異常を見落とすケースがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

面倒で出費も痛いですが、年に一度は「自分の身体」を詳しく診てもらう様にしましょう。

少しの異常も見逃さない

スポンサーリンク

現在においても「死因のトップ」「癌」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

その中でも「大腸癌」の割合が多い事をご存知ですか?

 

・癌の部位別死亡率

<男性>       <女性>

肺         ①大腸

胃         

大腸        

肝臓        子宮

 

 

「癌治療が進んだ」と言っても、あくまで「ステージ1」の様な初期段階で見つかればの話であり「ステージ4」になると「厳しい」現実は(今も昔も)変わりません。

 

 

 

 

 

 

 

従って「早期発見」が(癌から身も守る)基本なんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし「大腸癌は見過ごされる」ケースが多いのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その最たる原因「自覚症状で乏しい」上に「大腸癌検診を受けない」人が多い点にあるわけです。

 

 

 

 

 

 

 

何故「大腸癌検診」を受けないか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「抵抗感」が胃カメラより強いからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その理由は…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「痛い」から。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「出来る事なら受けたくない検査」なんですよ。他に「恥ずかしい」という点もありますしね。しかし、知らぬ間に発症してからでは遅いんです。確かに抵抗感はありますが、率先して「大腸癌検診」は受けて下さいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「大腸癌」と書きましたが、これは大腸の中に出来た「ポリープ」「10ミリ」以上に成長し「悪性」と診断されたものなんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

従って「ポリープ」の段階で切除していくと、癌にまで至る事はありません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その「早期発見」における検査は「検便」です。殆どの「大腸癌検診」も、まずは「便のチェック」からスタートするのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし「検便」で採取した便に異常があれば「再検査」でもう一度「検便」行います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それで、また「異常」が見受けられたら「大腸カメラ」での検査をを勧められる流れになると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは「検便」からの発見ですが、以下の自覚症状がある場合は是非「病院」にて医師の診断を受けて下さい。

 

排便時に出血が頻繁にある。

下痢と便秘を繰り返す。

食欲は落ちてないのに体重が減少している。

 

上記の中でも①ですね。これは医師の言葉ですが「鼻、口、肛門」からの出血は「身体の異変が起こってる合図」だそうです。出血が続く様でしたら、急いで病院へ行って下さいね。

現在の「大腸検査」事情

確かに以前は「苦痛を伴う」検査でしたが、随分と緩和され比較的楽に受けられる様になりました。

 

 

 

 

 

 

 

検査の手順等は下記サイトを参考にご覧ください。

 

大腸がん情報サイトHP

 

 

 

ただし「腸の中を空っぽ」にしないといけない為に「液体の下剤(2リットル)」をゆっくり時間をかけて飲むんですよ。これが結構タフですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

早く飲んでは「効き目」が弱いので(あくまで)少しずつ飲まないといけないんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

その作業で「腸を空っぽ」にしてからカメラを挿入する運びとなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「痛くないの?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかく「麻酔」をしてくれます。以前は希望者だけで「麻酔無し」もあったそうですが、もし「麻酔希望制」なら「麻酔希望」と告げて(検査を)受けて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

麻酔を使用すれば、まず激痛を伴うことはありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

人によって「痛みの感じ方」も違いますが、カメラが腸壁に当たったり空気圧が腸内に掛かると(痛さを)伴うらしいのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

麻酔を使用する事により、それらの苦痛も殆ど感じなくなってきてますので「安心して」検査を受けて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポリープが発見されたら、癌細胞であるかの判定も含め(医師の判断で)切除する段取りを決めるので「日を改めて」再び「カメラ」を挿入る事になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

切除しても「数年後にまた出来る」可能性も決して低くありませんから、それで終わりという事ではなく、医師の診察は定期的に受ける様にしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在の医学は「テクノロジー」併用して、格段に進歩してます。従来のイメージは極力持たない様にして、検査を受ける事が望ましいと思いますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

先入観は捨てて、先ず「検査」

 

 

 

 

 

 

 

 

生命の鉄則守りましょう。

(合わせてお読みください)

職場でイライラしてる男性は更年期障害?その緩和対策は?

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください