歯科医院が多過ぎると思います

出来る歯科は口コミで広まる

先日、やっと歯の治療が終わりホッとしました。年内に片付けたかったのでヤレヤレです。私の通ってた歯科医院は、3年ぐらい前に開院したんですよ。当初は患者数も少なく、歯科医の先生も「暇なんですよ」と苦笑いしながら仰ってましたから。

それが、今や「治療の巧さ」が口コミで広まり思った時間に予約が取れない状態です。それもそのはず「治療は丁寧で巧い」「予約が一杯でも急な場合は、連絡を入れると便宜を図り診療してくれる」「診療が終わると、必ず(本日の治療の)説明をしてくれる」

そりゃ人気出るわ(笑)

本当にこの歯科医院は私にとって「当たり」でしたね。先生が丁寧で優しいので高齢者や子供の患者も多いんですよ。

しかし、世の中こんな歯科医院ばかりじゃないんですよね。正直「これはダメでしょ!」て歯科医院が結構存在すると思います。これは皆さん色々と御経験されてることでしょう。歯科選びも本当に大変ですからね。
スポンサーリンク

派手な宣伝の歯科体験記

私の住んでる隣町に「評判の歯科医院」があるんです。派手な宣伝で市内だけでも3軒経営してるようで、方々に看板が出てますからね。年中無休で、診療も夜遅くまで診てくれます。高齢者の為に「送迎サービス」まで完備。まさに至れり尽くせりの歯科医院です。

その「歯科医院」に数年前行った事があったんです。以前から一部歯の違和感を抱えていて、丁度通ってた歯科医院が閉院して(どこの歯科医院へ行こうか)迷ってた頃だったんですよ。それで「噂の歯科医院」を思い出し、ホームページも載せてあったので検索して確認後(診療を受けに)行きました。

まるで「私立の幼稚園」みたいな建物に入り、受付を済ませて待っていると直ぐに呼ばれて診察室に入りました。

結構広い診察室には数台の診療台があり、おのおのの歯科医が診療をしてました。そして案内された診療台に座ると、そそくさと歯科医がやってきて「どうされましたか?」と尋ねてきました。そして私が説明を始めると、少し聞いただけで「では診ますので口を開けて下さい」と(診療を)開始したのです。

「まだ説明終わってないのに!」と思ったのですが、いきなり私の歯を削り出して数分ですかね。

「はい終了しました」ですよ!

ただ削っただけ。何のアフターも無し!正直「これで大丈夫なん?」て不安になりましたよ。この歯科は「予約制」ではないので会計を済ませるだけでしたが、数分間削っただけで結構な値段を取られましたね。

しかも、診療を受けたにも関わらずまた「歯痛」が起こったんですよ。確かに削っただけですからデタラメな診療だったんです。結局また歯科医院を調べて違う所で診てもらいました。そこでやっと「歯痛」を止めてもらった次第です。

私は、この「デタラメ診療」に凄い憤りを感じました。もちろん、こんな歯科医院は一回こっきりで二度と行く事はしません。数日後電話がかかってきて「診療を受けて下さい」という「催促」までしてきましたよ。私は電話口で「おたくのようなデタラメ治療で歯を失いたくありません」ときっぱり告げて(受話器を)置きました。
スポンサーリンク

できるだけ「口コミ」や確かな情報を聞いた歯科医院を

本当に、こんな歯科医院が現在も潰れず存在してるのですから怖い限りですよ。他にも「ブラックリスト」に載せられるような所は多いと思いますよ。

ここまで酷くなくても、歯科というのは「技術職」ですからね。デタラメでなくとも「下手」な所はあります。というより、巧い歯科医を見つける方が難しいかもしれませんね。通い出すと、ついつい「完治」まで続けてしまいますが、結局後で泣くのは自分自身ということになります。

病院も「経営」ですから、難しさはあると思うんですよ。ましてや人が少なくなってきますから「ニーズの多い」となれば「歯」になるんでしょうか?少子化の影響で「産婦人科や小児科」は減少傾向にあると言われてますからね。

その点「歯科」は年齢関係なく、誰でも悪くなりやすい上に「患者」が絶える事もないという観点から増えてると思うのですが、さすがに増えると「競合」も激しくなってきますから、「ホワイトニング・キャンペーン」て看板を出したりするわけです。

それは構わないですが、肝心な事は「誠実に患者の歯を診てくれるか?」ですからね。やはり「歯の健康」だけは、虫歯が無くても大切ですから常に「マイ・歯医者」を決めておかれる事が一番ですよ。口コミや情報を元に「いつ歯が悪くなっても心配なく」という様にしておきましょう。

歯は本当に大事ですからね。
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください