あなたの嫌いな血液型はどれ?タイプ別の特徴把握でストレス軽減。

「血液型占い」の定義とは?

スポンサーリンク

占いを信じない人は結構いますが、そんな方でも何故か「血液型」は信じる傾向にあります。一見「矛盾した」様に思いますが、はっきりした裏付けが存在するのです。それは「占い=未来」に対して「血液型=現在」を図るという決定的な違いがあるからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、人は圧倒的に「今を気にする」傾向があると言えるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり「想像の域」を出ない未来は、人生においてリアリティーに欠けるわけですね。どうなるか分からない道筋については「関心ない」とする人が多いと思います。もちろん反対に関心の強い人が存在するわけで、ここが「占い好き・嫌い」に分かれると言えるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

職場、学校、家庭等の生活面全般において最重要な関心事は「人間関係」です。

 

 

 

 

 

 

 

仕事をするにしろ、遊ぶにしろ「人間関係がスムーズ」でなければ精神的に苦痛を伴うわけです。精神的な苦痛は誰しも「最も味わいたくない不快感」と言えます。従って「未来の動向」という比較的「ポジティヴな要素」より、人間関係を把握する「ネガティヴな要素」を予め知っておきたいのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり「血液型は人間関係におけるバロメーター」になっていると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

ザクッと4タイプ(A・B・O・AB)しか存在しないのですが、決して廃れる事無く「血液型占い」というカテゴリーは支持されてきました。賛否両論ありますが、それでも「対人関係の指針」として王道を歩んでいます。これは4タイプ」だけなのでシンプル且つ分析しやすい点も大きいのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

血液型に関しては以前まとめた記事がありますので、参考までにご覧ください。

 

 

 

血液型で性格は決まるのか?厄介な人達を分析すると見えてくる傾向と対策。

 

 

 

誰しも「自分」にとってポジティヴな相手に関しては血液型も気にならないんです。しかしネガティヴな相手となるとどうしても「あいつは何型?」と思いがちですよね。例え「相性が悪い血液型」としても、相手が恋人であったり親友ならば無視しませんか?それはネガティヴな要素で相手を否定したくないからなんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

本質的に「血液型占い」の根底には「自分にとってネガティヴな相手」との距離を測る材料として存在すると言えます。それだけ人々の生活に「ネガティヴな人間関係」が蔓延っていると言えなくもありません。

苦手な血液型はどれですか

スポンサーリンク

「血液型占い」では一種の固定感が存在し、それが相手のポジティヴ要素を消し去る事も少なくありません。基本的に友好な相手を調べませんので、暫し「欠点の集中砲火」に陥ります。しかし「ポジティブな要素」も理解しないと「血液型だけで崩壊」しかねません。大切なのは正しく(人間関係を)構築する事だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あくまで個々の性格がベースになりますが、ザクッと特徴を掴んだ上で考えていきましょう。

 

 

 

 

A型  几帳面、真面目、忍耐強い、融通が利かない、内向的、慎重

 

B型  特化型、集中力が高い、切り替えが早い、ルーズ、感覚で動く

 

O型  親分肌、プライドが高い、面倒見が良い、感情の起伏が激しい、社交的

 

AB型  マイペース、天邪鬼、掴みどころが無い、考えが変わりやすい

 

 

 

 

一般的な特徴から自分の育った環境や両親からの遺伝(両親の血液型も加味)を擦り合わせて考慮します。全く同じ環境下で育った「A、B、O、AB」の血液型の人を並べたと仮定しましょう。決して「同じ性格に納まる」事はないのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり「育った環境」を取り除く事で「血液型の特徴をより炙り出せる」わけですよね。現実的に実験は不可能ですが、それでも「ある程度の特徴」は浮かび上がるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

血液型のベースだけは決して変わる事が無いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

日常生活において「苦手な人」「嫌いな人」の血液型を知って…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あっ!やっぱり!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というケースが多くないですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

100%ではないにしろ(あれば逆に怖いですが)血液型での相手に対するネガティヴな印象は結構当たるものなんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

日本人に最も多いA型は「B型を嫌いO型を苦手」とする傾向があります。そして「AB型は掴み切れない上に絶対数が少ないし」となり、結局「A型はA型同士」で落ち着くという流れも少なくありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自由人気質のB型は「縛りを嫌う」傾向にありますから、管理しようとするタイプを嫌いますね。何事もキッチリと纏めようとするA型とは波長が合いません。またO型の様な仕切って「一つのグループ」の様に横並びで整列させられる事も良しとしないのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず自分を中心に見立て「軸に納まろう」とするO型は、それに反逆するタイプを嫌いますね。また凹凸で例えると凸に該当しますので、同じ凸同士(O型)である同型は衝突する傾向が少なくありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AB型は独自感を持ってますので、基本的にキッチリ管理される事を良しとしません。対照的なA型は合わないとされてきましたが、意外と「AB型の不規則なリバウンド気質」を緻密に掬い上げるのもA型と言えます。そしてアバウト感の強いB型も、AB型の理解者的な立場として上手くハマるケースが多いのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここまでは基本的な「血液型のおさらい」として紹介しましたが、それだけで推移していくと人間関係はますますギクシャクしますから、立ち回りを上手にこなす為に様々な創意工夫をこなしていく事が大切になってくるわけです。

どうすれば上手く立ち回れますか?

生い立ちや遺伝等の要素を全て削ぎ落し、純粋な特徴だけで「血液型」を捉えるとします。そして自分なりに「苦手・嫌い」なタイプの「相手」を浮かび上がらせた時、如何に上手く立ち回れるかというテクニックを身に付けられるか?ただ遠避けるだけでは限界があると言わざるを得ません。

 

 

 

 

 

 

 

 

野球で例えるなら、苦手なコースをヒットゾーンに変える方法ですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

「嫌い・苦手」だけでは埒が明かない状況ですし、敢えてポジティヴに考える様にシフトチェンジする方が得策だと思うのです。あくまで基本形ですが、特徴を知って自分なりの「ヒットゾーン」を見つけましょう。

 

 

 

 

 

タイプ別に見る血液型対処法

 

A型) 要注意タイプ O型&B型

基本的にA型はO型に対して受け身になります。外交的で我が強いタイプにはどうしても引いてしまうのです。また感情の起伏が激しい点にも受け入れ難い面を持ちます。そして緻密にコツコツと積み上げていく事を基本としているのでアバウトなB型を敬遠する傾向にあります。これらが「ストレス」として感じるわけですから、上手く立ち回るには「A型の良さ」の一つでもある「分析力」を発揮して下さい。まず徹底的に相手(O型やB型)をポジティヴな存在と置き換えるのです。そしてネガティヴな面が「どのような時に出るか?」と予めチャートしておけば楽ですし、ストレスも軽減されると思います。

 

 

 

 

 

B型) 要注意タイプ A型 

基本的に水と油の様な関係ですので「A型≒B型」になりがちと思われます。感覚と閃きを重視する傾向のB型にとって几帳面で緻密なA型はどうしても嚙み合わないケースが多いのです。従って平行線を辿る間柄で推移しても不思議ではないですよね。しかし、感覚で行動する分「読みは鋭い」のがB型の特徴なんです。比較的キッチリと行動を取るA型に対する洞察は容易ですから(A型の特徴を)掴む事ですね。それさえ怠らなければ噛み合わない事は発生しないと思います。

 

 

 

 

 

O型) 要注意タイプ AB型 

O型にとって比較的従順なA型や感覚派のB型は決して不快な対象にはなりません。それより「一体、何を考えてるか?」分からないAB型がストレスになりやすいのです。天邪鬼で「平気で反論」してきますからO型にとって特徴的なプライドを甚く傷つけるわけです。これには敢えて「主導権を渡す」のが賢明と言えるでしょう。それから「父親母親」的な視線で接する事がお勧めですね。プライドを保持したまま、意図して(プライドを)下げて接してみると上手くいきやすいと思います。

 

 

 

 

 

AB型) 要注意タイプ B型 

ズバリAB型にとって「キャラが似通る」のがB型なんですよ。天邪鬼に感覚派ですから自然とストレスを起こしますよね。唯一「理解してくれない」と感じる血液型かも知れません。しかしAB型は「A型とB型のミックス」と言われる事もありますから、決して根底はダメと言い切れないのです。それ故に「A型の部分」を出す要領でB型を分析して下さい。自ずと特徴を掴めますし、ストレスを減らす事が出来るはずです。

 

 

 

 

 

以上ザクッと記しましたが、少しの修正でどのタイプの血液型でも上手くやっていけると思います。あくまで(こちらの)考え方を変えるだけでいいのです。まず、各血液型の特徴さえ理解していればストレスは発生しません。バグ修正する感じで誰とでも接していけば、その都度バージョンアップした姿を見てもらえれば、より円滑さはマシになります。従って決して深刻にならず、異なった血液型の特徴を知る感じでいいのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「たかが血液型、されど血液型」のスピリットを崩さずに円滑な社会生活を送れば、より充実した人間関係をを構築出来ると思います。従ってポジティヴな接し方を失わずに人間関係を発展させれば楽しく構築された(人間関係で)充実を得る事も可能になるのです。そして「血液型に振り回されない」関係こそがポジティヴな(人間関係を)作り上げていくのでしょう。

(合わせてお読みください)

2018年妻に捨てられる夫が急増中!老後を寂しい思いで過ごさない為に今から変える事
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください