急な脳梗塞で戦線離脱しない為に今から心掛ける健康必勝法

いきなり襲われる怖さ

スポンサーリンク

50代に突入すると「健康リスク」が更に上がります。これは致し方無い事ですし、年々(リスクが)上がる傾向は受け入れるしかありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これからは、いかに「リスクを回避」して「襲ってくる魔の手から防ぐ事に全力を尽くすか?」なんですよ。

 

 

 

 

・気を付ける必要がある健康リスク

 

高血圧

コレステロール

血糖値

尿酸値

肝機能

ポリープ

心肺機能

 

 

他にもありますが、健康診断では上記の点をチェックされますよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、どれも気を付けないといけない「リスク」を背負ってます。その中でも「血管」に対する認識は強めて欲しいのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

血管は「脳や心臓」に直結します。それ故、生命に関わってくる怖さはもちろんの事ですが、何よりも..

 

 

 

 

 

 

 

突発的に襲ってくる恐ろしさがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

「心筋梗塞」も然り、そして何よりも「脳梗塞」ですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

以前にも書きましたが、いきなり襲ってくるわけです。もちろん何らかの「予兆」を感じているかも知れません。それでも「まさか自分が」的に倒れるわけですし、一命を取り留めたところで「後遺症」は残ります。

 

 

 

 

 

 

 

例えば「ポリープ」等は「検診」でカメラを通し発見出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

脳梗塞も「MRI検査」「早期発見」は可能ですが、生活習慣の流れで見過ごされるケースが圧倒的なんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、気が付かないだけで「進行している」のが「脳梗塞の怖さ」と言えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

発症してからでは「遅い」わけですから、そうなる前の「徹底予防」「最悪なケース」に陥った場合の対処法を紹介していきましょう。

 

予防は普段の生活習慣にあり

スポンサーリンク

癌や心臓病等と並び、死因の上位に入る「脳梗塞」です。一早い救命措置が必要なのは理解していますが、いざ急に倒れられたりすると難しいですよ。

 

 

 

 

 

 

ましてや「自分自身」が当事者だと、運命を任すしか(助かる)望みは無いのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それならば「予防」しかありません。

 

 

 

 

 

 

 

気を付けていれば「日頃のチェック」から異常を察知する事も可能ですし、何より毎日の生活習慣ですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

「自分自身を労わる気持ち」さえあれば防ぐ事は可能なんです。

 

 

・脳梗塞を防ぐ為のチェックポイント

血圧は正常か?

偏頭痛は頻繁に起きてないか?

ストレスは溜まってないか?

飲酒、喫煙量は多くないか?

塩分を摂り過ぎてないか?

急な体重増はないか?

休養は取れているか?

水分はこまめに補給しているか?

 

上記チェックポイントの中でも「血圧」は最も重要な要素と言えます。

 

 

のポイントを挙げましたがは全て「血圧値」に跳ね返ってくるのです

 

 

 

つまり「血圧値」こそ「脳梗塞」の自覚症状を測るバロメーターですから、まず毎日の血圧値測定は欠かせません

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん「高血圧」になる程、リスクが上がりますから「血圧が高い」方は是非測定を行い「毎日の数値」を記録する様にして下さい。

 

 

 

 

 

 

 

酒や煙草、或いは塩分の多い食事は「高血圧」を誘発しますから十分注意して下さい。また煙草は吸い込んだ煙が、肺だけでなく「脳の血管」へ流れ込みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

強制的にとは言いませんが、出来れば止める様にしましょう。

 

 

塩分の多い食材一覧表HP

 

 

ストレスや体の疲れも「脳を休めない」興奮状態を続けるのです。結果的に血圧を上げる事になりますので、率先して休養は取りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

「MRI検査」は率先して受ける様にしましょう。脳の断面撮影画像から「異常な箇所を発見出来ますので、まず脳の現在地」を知る事が重要です。

自分の身体に臆病で

これから、ますます暑くなりますと「水分補給」が絶対的に必要になってきます。しかし、高齢化が進めば進む程に「水分補給をしない」習慣に陥るのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

脱水症状を起こすと「血管が詰まりやすく」なります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり「夏場は脱水症状を起こしやすい」季節なんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

また汗をかくので、どうしても「塩分を多く補給」します。

 

 

 

 

 

 

 

 

不足する塩分を補給するのは大事ですが、同時に「水分の補給」を怠ってはいけないのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

塩分ばかりを補給し、水分不足が続くと脱水症状を引き起こし「脳梗塞」のリスクを高める結果に繋がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日頃から「水分補給」を取る習慣を付けておきましょう。とくに「スポーツドリンク」は塩分と水分の補給を兼ねてますからお勧めですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この様に、常に「自分の身体」には「臆病者」であって下さい。少しでも異変を感じたら、直ぐに病院へ駆け込むぐらいでいいんです。最も避けたいのは「我慢強く辛抱」する事で、後々の考えれば「自分の辛抱」「周囲の迷惑」と言えますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

我慢と無理が「脳梗塞の精神的な危険因子」なんですよ

 

 

 

 

 

 

 

 

いきなり発症する怖さがありますが、日頃からの用心深さで防ぐ事は可能ですから、まず「毎日の生活習慣」を見直す。

 

 

 

 

 

これこそが「最大の必勝法」と言えるのです

(合わせてお読みください)

仕事中毒の方は要注意!働き過ぎの裏に潜む短期肥満化傾向!

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください