血液型で性格は決まるのか?厄介な人達を分析すると見えてくる傾向と対策。

決して偶然とは言い切れません

スポンサーリンク

占いを信じない人でも「血液型占い」に関しては多くの方が無意識のうちに信用してると思います。つまり「対人関係におけるツール」として利用するわけです。それだけ(人間関係には)ナーバスにならざるを得ないのが、現代社会に深く根付いてると言えますね。今や無視して通れない存在となんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決して男女間だけでなく、どちらかと言えば「職場」において用いる事が多くなってきていますね。つまり「ストレスのかかる人物」「血液型」で計る流れが主流を占め出しているわけです。これは異性に対しても同じ傾向と言えますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

職場では「上司」はもとより「先輩や同僚」に至るまで指針になりますし、好意を寄せる異性という存在もネガティヴな側面で見ると「ストレス」に繋がっているわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで「身の周りに存在する人物」を浮かべてみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

最も身近な家族から、少しづつ距離を取っていき「ここまで」の範囲を設定して下さい。その中で「相性の合う人物」と「合わない(厄介、嫌悪を抱く等)人物」を分け、各々の「血液型」を割り出してみて下さい。すると単純に「自分に合う(合わない)血液型」が割り出せると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ザクッと割り出してみると「大方の傾向」は割り出せると思うのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

血液型占いが決して「デタラメでは無い」という事が、はっきりと浮かび上がってくる程に鮮明さを帯びたデータとなって炙り出されてくるでしょう。決して「占い」だけで片付けるわけにはいかないのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「血液型占い」という呼称にするから身構えるのであって、れっきとした「データベース」として(血液型別の特徴を)管理していけば「なるほど」と唸る特徴が見えてくると思いますよ。もちろん「信じる・信じない」は個々に委ねるべきですが、対人関係用のツールとして生かす事は決して「占いレベル」とは言い切れないと思います。

血液型は人物を形成する土台です

スポンサーリンク

厄介な血液型って、存在するのですか?

 

血液型占いで重要視されるのは「相性」ですよね。例えば「A型と最も(相性)良い・悪い血液型は?」という調子で気になる人物との尺度を図るわけです。これが該当すれば「やっぱり」と納得し、反対なら「おかしいな?」と疑問を投げつつも「あの人は例外」と納得するわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

まず血液型だけで「良い・悪い」は当然の事ながら存在しません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人格(性格)は「遺伝」「環境」が大きな要素を占めるのですが、そのベース(素材)になってるのが「血液型」と思われます。また同じ血液型でも両親の血液型によって、所謂「ブレンド」が異なってくるのです。それら要素が複雑に絡まって対人関係にも影響を及ぼしていると言えますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば「同じ遺伝子の配列で、同じ環境で育った」二人の人物の唯一の相違点が「血液型」としましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おそらく「異なった性格」であると思われます。その究極の分岐点まで追求して「血液型」が見えてくるのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、一般的に分別される「血液型別特徴」はそれらを加味しても基本的なベースであると思います。そして「遺伝・環境」においても、微妙に反応する血液型やそうでない血液型が存在するのです。するのです。全て該当するとは言えませんが「各血液型の特徴」というのは決して外れているとは言えません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無数の「サンプル」に反映して分別された結果が「血液型占い」という特徴になって表れているのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで本題の「厄介な血液型」ですが、存在するのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上記説明を加味しても「存在する」と思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん全てではありませんが「厄介な人物に多い血液型」は確実に見受けられます。これは経験上によるものでもあり、あくまで指標として参考にしていただけたらと思います。

聞いて「やっぱり」あの血液型

一般的に「AB型」という血液型は「変わり者」「何を考えているか分からない」等というネガティヴな印象を持たれていますよね。しかし、それらが正しいとしても決して人に迷惑をかける行為ではありません。あくまでマイペースで突き進んでいる印象ですから「厄介な人物」とは言えないのです。あくまでイメージだけでネガティブ先行なのです。

 

 

 

 

 

 

 

一般的な血液型特徴

 

A型  几帳面で真面目、神経質でコツコツと物事に取り組む。内向的で大人しい人が多い。

 

B型  ポジティヴで感覚的に行動をとる。マイペースで自分の発言も深い意味を持たないケースが多い。

 

O型  リーダーシップを取りたがる。大雑把で細かいことに拘らない。寂しがり屋が多く社交的である。

 

AB型   マイペースで天邪鬼。突拍子も無い行動を取る事もある。周囲に誤解される事も多い。 

 

 

 

 

 

あくまで標準的なイメージですが、一般的に持たれている印象は上記の通りでしょう。反論もあるでしょうが。これが「スタンダード」として成立してる以上「あくまで無数のサンプルから割り出された傾向」と言えるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして「厄介な人物」に多い血液型ですが、これは経験則並びに聞いた話を踏まえた上で発表させてもらいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「O型」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

O型の方には大変申し訳ないのですが「厄介な人」の血液型を調べると多いんです。もちろん素晴らしいO型の方は多いですし、尊敬できる人物にも(O型は)決して少なくありません。また頼れる方にO型が多いのも疑いようが無いのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では何故O型に多いの?

 

 

 

リーダーシップや社交的というポジティヴな特徴が歪められてるケースが多いのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リーダーシップや社交的な要素は逆に捉えると「我が強く、自己中心的」になり得るわけです。またプライドが高く、それを損なうと異常なまでに「へそを曲げる」ので周囲が気を使うエネルギーも半端ではありません。職場や集団生活等の環境において、頗る厄介さに振り回されるケースが多いと言えますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決して「O型批判」ではありません。ただ厳然たる事実として多いわけですから、しっかりとした取り組み方を施して「厄介な人の接し方」を考えていく必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

厄介な人物との接し方の基本

 

プライドを考慮して接する。

あくまで相手本位で意見や提案は先に言ってもらう。

多少消極的でも受け身で接する。

対立しようと考えない。

精神的に疲れるので深く付き合わない。

決して、我を強く接しない。

 

 

 

 

 

 

上記の通りですが、究極の策は「環境を変えてもらう」に尽きますね。職場においてなら、決して対立をしないで「部署替え」の相談を上司にするべきでしょう。厄介な人物はプライドが異常に高いので「折れる事」は考えられません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

言葉は悪いですが、相手に刺激を与えずに「何処かへ飛ばす策」を考えてみて下さい。猜疑心が強いのも特徴なので、手の内を見せない様に気を付ける事も大切です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ストレス社会が罷り通り、精神的に不安定な人物が増加傾向にあります。そんな環境下に蔓延る「厄介な人物」だけは、本当にヘトヘトになります。そんな人物にいつまでも苦しまず、本気で環境替えへの努力を考えていきましょう。

(合わせてお読みください)

2018年妻に捨てられる夫が急増中!老後を寂しい思いで過ごさない為に今から変える事

嫌な義兄弟の顔は見たくない。親戚付き合いに困らない方法はコレ
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください