五十代の生き方をファッションから変えていく取り組み方は?

アグレッシブにいきましょう

「30代」から「40代」に突入した途端、何となく「人生の折り返し地点」に差し掛かった実感が湧きませんか?

 

 

「人生80年」と捉えた時、ボンヤリと「折り返し地点からゴールまでの道筋」が見えてくるのです。

 

人それぞれの考え方があり、一概には言えませんが「40代」は人生の中間地点…

 

つまり「後半戦のスタート」であるわけです。

 

この(折り返し地点と言える)40代から、肉体的に目に見えた衰えが表れ始め「アンチエイジング」を意識し始めるのです。

 

言わば「高齢化へのスイッチ」が入ったと自覚する年代であり、気持ちは若いままでも身体が言う事を聞かなくなってきます。そして、自分自身「こんなはずでは?」という思いに苛まれたりもしますよね。

 

まさに40代は「高齢化へ向けた葛藤」の10年間ではないでしょうか。

 

その「葛藤期」を終えて50代に入っていくのです。そして、この50代は「衰えに対する自覚」を試される意味合いを持ちますし(50代での)過ごし方次第で、その後も変わってくると思います。

 

 

要するに「分岐点」と言えるのです。

 

 

さらに加速し始める「衰え」にどう対峙していくのか?また自身の仕事を含めた今後の課題も含め、アゲンストの風はますます強くなってきます。

 

だからこそ、自分自身を奮い立たせる必要があるのです。

 

50台をアグレッシブに進んでいきましょう。
スポンサーリンク

「チョイ若」でいきましょう

「薄毛、白髪、体系の変化、皺の増加」という外見の老化に加えて「視力低下(老眼)」「基本的な体力低下」「物忘れの増加」の機能的衰えが進みます。

 

そして「成人病リスクの上昇」「更年期障害」といった健康を狂わす要素も大きくなるのです。

 

 

確かに「リスクアップ」は避けられません。

 

 

それでも気持ち(メンタル)で、かなりカバー出来ますよ。

 

①さりげなくお洒落に。

 

・少しスリムな体型を目指す。

・派手な装飾や色よりもシンプルさを強調。

・無精な身だしなみは避ける。

・遊び心は忘れない。

・不自然な若作りは控える。

 

基本は無理しない事なんです。

 

そして、実年齢よりも「10歳若返る」気持ちをキープしていく様にしましょう。それがいい意味で(気持ちの)モチベーションを保っていけると思います。

 

 

また「老けて見られたくない」という緊張感は忘れない様にしていきましょう。

②常に刺激を感じましょう。

 

・お洒落も趣味も「新たな発見」を求める。

・情報を集める努力を怠らない。

・観察力を磨き、広い視野を持つ。

・自分自身のポリシーは簡単に曲げない。

 

お洒落にしろ、遊びにしろ、常に新鮮さは必要と思います。それがいい意味での「刺激」になってるのです。

 

誰もいない「原っぱ」よりも「人通りの多い交差点」に立つ気持ちを忘れない様にしましょう。

 

 

それが、自分自身の「活性化」に繋がっていくのです。

 

 

また、情報を集めた中でも決して振り回されず「自分のオンリーワン」はブレずに貫いていきましょう。

 

 

実行してこそ、カッコイイ50代ですよ。
スポンサーリンク

柔らかく自己主張を

人生の後半戦は「何十年後?」に訪れる「ランディング」もボンヤリと考えますし、その前には「リタイア」も考慮しないといけません。

 

いろんな葛藤が更に強まりますが、基本的には何事も「さりげなく」がいいですよ。

 

 

「ファッション」においても同じですね。

 

 

50代は「白よりもベージュ」が似合うそうです。

 

 

つまり、白はシンプルなようで少し尖った印象を与えますが、ベージュは柔和な感じを保ちながら個性を醸し出す色と言えます。

 

 

まさしく50代に、ピッタリ当てはまる色なんですよ。

 

 

 

ファッションにしろ、お洒落にしろ、自分自身の内面的な主張を出す事が大切でしょうね。

 

どんな考え方で、生きているかを照らし出すわけです。

 

 

つまり外見から「宣言」していきましょう。

 

 

その宣言に沿った「自分自身」をブレずに進んでいくことを心掛けいきませんか?

 

決して偉ぶらず、しかし卑下せず程々の匙加減で生きていく為に必要な事。

 

 

それが「50代に求められる」課題だと思うのです。


スポンサーリンク

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください