2019年引越しするならこんな場所。誰でも普通に生活出来る条件を満たす環境とは?

都会も田舎も関係ありません

スポンサーリンク

東京を中心とした「首都圏一極集中」が続いています。その反動で関東圏以外の地域では少子化も伴い「人口減」という状況に陥り、現在に至ってます。関西や東海という首都圏に準ずる都会でも決して安心出来るレベルではないのです。日本全体で「人口減」が続いているのですが、その構造においても著しく歪な差が表れていると言わざるを得ません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気が付けば「猫も杓子も首都圏」へ移り住む。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、一極集中の首都圏におけるメリットを考えた事がありますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「田舎より都会の方が便利だから」

 

 

 

 

 

 

 

 

おそらく大半の人はこう答えるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確かに交通網が発達してる上に、人の流れも多いです。そして賑わいがありますから経済も活発に動いてるのが「都会の魅力」とも言えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確かに過疎地域の人も少ない山間に住むには、それ相当の覚悟が必要ですよね。都会の喧騒から逃れたいという気持ちを抱いてたり、自然に溢れた生活をしたいという特別な理由があれば別ですが、普通は好んで生活したいと望みません。いくら「大自然に囲まれて空気も美味しい」と感じたところでも、いざ「生活」というキーワードが入れば話は別です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「住めば都」と言いますが、現在住んでる地域からの引越しを考えるとなれば「リスクを極力避けた快適さ」を優先しますよね。家の間取りや構造が最大に重要ですが、安心して生活出来る場所なのか?という事を誰でも考えます。そして、圧倒的に人気が高いのは「都会」ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな都会に「引越ししたい」という願望を持ってる方は多いと思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし「都会暮らし」には最大にして唯一と言っていい「欠点」が存在するのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「全てのモノが高い」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

都会は便が良く、人気も高いが故に土地価格もそれなりに高いわけです。そこから連動して物価が高く、経済性が潤っている事が求められます。従って家を購入するにしろ、賃貸にしろ地方に比べて支出額は断然多くなるのです。住む事の便利性が高まれば高まる程、比例して高い物件を覚悟しないといけません。これは当然の事ですが…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、山奥の高速道路から垣間見えるポツンと佇む集落へ引っ越すのも躊躇いますよね。やはり生活は「経済と便利性」を図りにかけて上手く「落としどころ」を見つける事が重要なんですよ。決して簡単に理想論だけを追い求めてもいけないわけですね。

ツールを生かす新生活スタイルを

スポンサーリンク

現在住んでる所を離れて「新たな地域」に引っ越そうと考える場合、まず考える事は「経済」「便利性」なのは間違いありません。しかし、それだけでは足らないのです。とりあえず「引越した場合」の生活パターンを自分なりにシュミレーションしてみるのが賢明な方法と思いますね。その上で「(生活を)やっていけそうだ」というゴーサインの下に取り組んでいく事が理想と言えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

確かに「都会の便利性」は大事ですが、その点ばかりをフォーカスせずに視点を変えて自分なりの評価パターンを設定してみてはどうでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず経済は最優先すべきです。やはり日々の生活を賄える状況である事が大切と思いますし、そこから順次「生活の為のオプション」を自分で設定していくと(理想の)場所が見えてきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして「都会に住むか?田舎に住むか?」となった場合、とくに理想が無ければ「最低限の要件」を考えていきましょう。つまり「これさえ揃っていれば生活に事欠かない」点をピックアップしていくのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず「10点満点」で評価すれば、全ての要素で満点を考えるのではなく「6~8点」辺りを平均してる要素に特化するわけです。そこから絞り込んで自分の住みやすさを考えていくのがコツではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

また「10点満点」の要素がある地域は別の要素にデメリットが必ず潜んでいます。従って少し低めの点数でも平均値が取れてる地域を探すのがベストですね。さらに「自家用車所有者」とそうでない方も条件が違ってきますから「交通手段」も頭に入れておく必要があります。職場や学校へのアクセスは非常に大事ですからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして生活するにあたって、かなり重要なのが「買い物」です。食料品や衣料雑貨類を中心として、購入が困難な地域では生活が成り立ちません。極端な話、職場や学校へスムーズに通えて買い物にも困らなければ生活は問題ないのです。あとは医療機関ですが、通う必要のある方は予め調べておくといいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

個々に引越しするにあたって条件は違ってきます。もちろん全員が一括りで同じ地域の同じ物件という事は有り得ないのですが、これからの生活スタイルの基本パターンさえ掴んでおけば「最低限住める地域」を容易に絞り出す事が出来ると思うのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その為の条件を満たすべき「ツール」を用意すれば、新生活の地域選びも楽になる上にグンと便利性が上がる様になるのです。

キーワードは「コンパクト」です

都会であれ田舎であれ、最も重要なのは「住みやすさ」なのです。いくら首都圏の都市部でも住み辛い環境では意味をなさないわけですし、例え過疎地域でも「快適な住みやすさ」を誇るなら全く問題がありませんよね。それ故に、まずは自身にとって「快適に住める条件」が揃っているか否かが最重要課題であるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

その住みやすさに関してですが、現在は都市部も地方も「格差」が劇的に縮まったと言えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり「インターネットの発達」「スマートフォンの普及」における「IT文化の進歩」です。この部分さえ押さえておけば生活面で困る事はありません。ネット社会が日常生活を劇的に簡略化へとシフトしているからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

極端な話、如何なる過疎地域でも不便なく生活する事が可能になります。それだけ「インターネット社会」は足を延ばさなければならない必要性を打ち消す革命をもたらしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、その為には条件を満たす必要があるのですが…

 

 

 

 

 

 

 

 

第一に「ネット環境」が発達している事ですね。回線を引き、Wi-Fi機能が問題なく繋がる状況は基本中の基本と言えます。そしてパソコンやスマートフォン、タブレットの存在です。これからの生活パターンにおいては「生命線」であると言えますから、苦手という先入観は持たず「必要な操作」は身に付けていきましょう。今は決して難しくありませんし、それらのサポートも充実しているので年配の方も無理なく馴染めると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

第二に「コンビニ」の存在です。これからの「ネット社会」において最も密接すると言っても過言ではありません。それはコンビニにおける「金融機関や役所」の機能が大きくなりますし、従来からの「宅配便の受け渡し」が行えますので「ネット社会の中継所」であるわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インターネットを利用して、近くにコンビニがあれば「ほぼ不便なく」生活する事が可能になるでしょう。また普及が年々広がっている「電子マネー」を利用する様になれば身軽にコンパクトな日常生活を送れる様になりますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

またインターネットで食料品や雑貨衣料品を購入出来ますし、わざわざ足を延ばす必要はないと思います。但し病院は個人により事情が異なるので一律で図る事は出来ません。それでも最近は全国の処方箋を承る大手ドラッグストアが増えています。従って病院が少し遠方になっても、薬は近くのドラッグストアで受け取る事が可能なので「病院よりドラッグストア」を重視しても問題なさそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近は「自家用車を持たない人」が増えています。それに代わる「カーシェアリング(1台の自動車を共同で利用するシステム)」を利用する傾向にシフトしつつあります。レンタカーより割安で使いやすく、利用場所も広がっていますので交通網の不便な場所でもカーシェアリングで克服可能だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生活においては「食料品」「医薬品」「衣料雑貨」が基本的に日用品となります。それに付随して「家電家具」等がありますから、それらを調達する手段さえ揃っていれば問題ないのです。しかし、どうしても地方になると著しい人口減により店も少ない状況ですから「不便」を強いられました。それ故にますます(人口減を生む)負のスパイラルを生み出して「都会との格差」が生じていたのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし「人口の多い都会」「色んな便が良くても物価が高い」という経済的リスクがつきまといましたが、インターネット社会は少なくとも「都市地方格差」を限りなくフラットに近付ける要素を持ち合わせています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在住んでる地域に満足であることに越したことはありません。しかし、新たに違う地域に移り住もうと考えた時、従来の「都会志向」に拘る事無く視点を変えた「インターネット社会」ありきの考えを取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これからは「コンパクト」に経済性を考えたクレバーな引越しがトレンドとなっていくかも知れません。そして何よりも自分なりにベストな環境を組み立てる事だと思います。

(合わせてお読みください)

2019年コンビニ徹底比較!最も利用価値のある店を取り上げてみた

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください