急な単身赴任も困らない。不器用な方でも簡単に出来る自炊術

一人暮らしで大切な事

スポンサーリンク

高齢化社会に入り、お年寄りの一人暮らしが増えました。以前なら「息子夫婦と暮らす」等のパターンが普通だったのですが、その「息子夫婦」に受け入れる体力もも残ってないのが現状です。

 

 

 

 

 

 

 

そして、結婚しない独身者が激増中です。こちらは「親と同居」してる方も多いでしょうが、それも全てではありません。

 

 

 

 

 

 

 

結局「一人暮らし」する方が増えている状況と言えますよね

 

 

 

 

 

 

 

確かに「一人暮らしの達人」と呼べる様な方も多数いらっしゃると思いますが、経験上なかなか面倒なものなんです。

 

 

 

 

 

 

 

全て「一人で担う」わけですから、今までは当然の様に(親や家族が)済ませてくれてた事を「自分」がやらないといけません。

 

 

 

 

 

 

 

 

忘れていると「放置」されたまま残ってるわけです。

 

 

 

 

 

 

 

逆に言えば、一人暮らしは「自己管理」を鍛錬する「いい機会」でもあるわけです。慣れてくると「ルーズ」になる事もなく、身の回りの世話も(滞りなく)こなせる様になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

「高齢者」や「親元を離れた独身者」に、急な「単身赴任」を命じられた方。そして「離婚や死別」で夫婦関係にピリオドを打たれた方etc…

 

 

 

 

 

 

 

年々増加する「一人暮らし世帯」の中で、最も面倒な事。

 

 

 

 

 

 

 

 

「炊事・洗濯・掃除」

 

 

 

 

 

 

 

この「三要素」を怠ると、とんでもない事に陥るわけです。

 

 

 

 

 

 

 

その中でも「食事面(自炊)」は、甘く見てると健康状態を崩しますから、とくに気を付ける必要があると思います。

簡易な食事に頼らない

スポンサーリンク

「さぁ、今日から一人暮らし」となれば、否が応でも「食事」を考えます。他の「洗濯・掃除」もありますが、まず「食生活在りき」なんです。

 

 

 

 

 

 

 

そこで、まず考える事は…

 

 

 

 

 

 

 

「簡単に作れる食生活」ですね。

 

 

 

 

 

 

 

カップ麺」「レトルトカレー」を買い込み、あとは「コンビニ弁当」「ホカホカ弁当」で済まそうとするのが「必勝パターン」でしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

しかし、経験上言わせてもらいますが…

 

 

 

 

 

 

 

この「必勝パターン」は崩れますよ。

 

 

 

 

 

 

 

どうしても「一人暮らし」になると、手間になる事を避けたくなるわけです。それ故に自炊の時間も「極力短縮」で済ませたくなります。そのニーズに応えるのが上記の食事に辿り着くんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

確かに「時短」で便利ではあるのですが…

 

 

 

 

 

 

 

飽きてきます。

 

 

 

 

 

 

 

そして「栄養的」「ビタミン・ミネラル・蛋白質」がしますのでお勧めできません。消化にも良くないですからね。

 

 

 

 

 

 

カップ麺やレトルト、レンジ系のインスタント食品は定番化しない様に心掛けて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

これも経験上なのですが、必ず上記の食生活を続けていると「倦怠感」が襲ってきます。明らかに「栄養の偏り」が原因となっているのです。

 

 

 

 

 

 

 

また「コンビニ弁当」「ホカホカ弁当」も同様です。

 

 

 

 

 

 

食事の基本はキッチリ作る事ですよ。

 

 

調理苦手で自炊は面倒では?

 

シェフではないのですから、あくまで自分好みの味付け調理する事をは全く難しくありません。

 

 

 

「基本パターン」を覚えておき、それを使い回していけば「バリエーション」も増やせますし「自炊」が苦痛に感じる事もないですよ。

 

・自炊における基本パターン

 

ご飯は夜洗っておき、朝に炊き上げる様にタイマーをセットする。

残ったご飯は、ラップに包んで冷凍保存しておくと炊く手間が省ける。

野菜の基本として「キャベツ・人参」は随時ストックする。カットした食材をタッパーに入れて冷蔵しておくと必要な量だけ使える。

市販の「カット野菜」「冷凍野菜」も調理の時短になるので利用する。

作らないといけない調理タレは予め多めに作り、タッパーで冷蔵保存しておくと次回調理の際便利。

 

自炊を如何に簡単に済ますかは「準備」が全てなので「食材を直ぐに使える様に保存」する事を心掛けておけば、面倒臭さは省かれますよ。

 

 

 

 

 

 

 

あとは「調理」だけですね。

自炊が一人暮らしの醍醐味です

煮物や魚の調理は難しい?

難しくないですよ。

 

 

 

 

今はPCやスマホで検索すれば、大抵のレシピは掲載されてます。また魚の調理は難しいと感じる方もいますが、例えば「塩焼」の調理は「塩を振りかけて焼く」だけです。

 

・調理における基本パターン

 

自分好みの「調味料比率」をメモに書き留めておく。

フライパンはやや深めのタイプを購入しておくと、揚げ物や多機能的に使える。

煮物を作れば一回で食べきれないので、タッパーで冷蔵保存しておく。

④カレー、味噌汁は余ったら必ず冷蔵(カレーは冷凍保存も可)しておく、決して常温放置はしない。

使えるレシピはメモ(若しくはプリントアウト)で残してバインダーに綴じておくと「マイレシピ帳」として使える。

 

余程「料理センス」の酷い方ない限りは、自分の賄う食事は十分可能です

 

 

 

 

 

 

自炊のキモは「準備と保存」だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

手間さえ省く事が出来れば、インスタント頼りにならずに作れますからね。面倒と思わずチャレンジして下さい。

 

 

 

 

 

 

 

自炊パターンが身に付いてくると、インスタントを食べなくなりますよ。

 

 

 

 

 

 

 

あくまで「自分が作った料理」に拘っていく姿勢でいきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

保存をして、それをリサイクル的に使うと「コスパ」も助かり相乗効果を生むのです。また何よりも「自分の身体」を守っていく意味においても「自炊を」奨励します。

 

 

 

 

 

 

決して面倒がらないで、自炊を楽しみ「一人暮らし」を充実したものにして下さい。

(合わせてお読みください)

仕事中毒の方は要注意!働き過ぎの裏に潜む短期肥満化傾向!

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください