嫌な義兄弟の顔は見たくない。親戚付き合いに困らない方法はコレ

結婚に躊躇う人の理由です

「変なの」が隠れてます

スポンサーリンク

結婚して新たな家庭を築く事は、素晴らしいと思います。また自分の家族が増えますし、大変ながらも充実した日々を送れるわけですからね。やはり「家庭は大切」ですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、最近は「結婚をしない人」が増える一方です。少子高齢化社会の一因にもなっているのですが、確かに経済的に厳しいのは否めません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金銭面は言わずと知れた常識ですが、意外と隠れた「結婚拒否理由」が存在します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは「親戚付き合い」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「隠れた」と書きましたが、立派に表面化した理由ですよね。実は、結婚相手の「背後に存在する」身内こそが「新たな天敵候補」として控えてるわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とくに「厄介」なのは「義兄弟(姉妹)」と言って間違いないでしょう。遺産の件はもとより、色々な事に口を出してきますよ。さらに「兄嫁」「弟嫁」という存在に至っては、最初から敵意剥き出しで接してきますからね。

わざわざ火中の栗を拾わない

バリバリに敵意を抱いてる人物が「愛する人の背後」にくっ付いていれば(結婚を)躊躇いますよ。しかし「現実」は数多く存在します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

未婚者も(決して)考えて無いわけではありません。ましたやパートナーがいるにも関わらず結婚に踏み切れない方は、既に情報としてインプットされているのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

友人や知人からの情報が耳に入ってくれば、尚更「警戒心」も強くなりますし、家庭を持てば出費は重なり自由な時間も持てなくなります。リスクだらけの道にわざわざ踏み込む必要があるのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな(リスクだらけの)人生を送るぐらいなら、自由に束縛されない「今」を選択しますしパートナーとも「会いたい時」だけに会うスタイルの方が遥かに気楽ですよ

仲良くするだけ無駄なんです

情報は「丸裸」にされてますよ

スポンサーリンク

もちろん「例外」は存在しますが、基本的に「仲良く」してくれません。まず、こちらの「良い面」を評価する気がサラサラないんです。しかし「ミス」等は過剰なまでに反応しますからね。とにかく「失敗」を待っていると思って下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

「嫌い」で且つ「仲良くする気」も無いのですから、相手の「良い面」は認めたくないんですよ。全て「スルー」されますね。さらに「異常に執念深い」ので、何か事が起こると「いつまでも引きずって」ます。それをネタに敵意を拡大するのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また「こちら側」の情報を異常なまでに収集してますね。さりげなく聞き取り調査をして「突っ込みどころ」の材料としてストックしているのです。もちろん「いい情報はスルー」しますよ。家柄や親の事、その他出身校から交友関係まで調べてますからね。本当に怖いぐらいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それぐらい「嫌いな人間」の情報は知っておきたいのでしょう。

何故嫌うのでしょうか?

結婚相手の「兄弟姉妹」と折り合いが悪くなるのは、色んな背景が付いて回るのです。まず「兄弟間の仲」が実は良くないケースも多いですし、前出の「義兄弟の嫁」が加われば更に「親の遺産を巡るライバル」という位置付けをされてしまうのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

向こうも「嫌ってる」というよりは「嫌うポジション」が空けてあり、その「ポジション」に座ってしまったというのが実情ですね。従って「嫌われた」というより「嫌われに行った」とい表現するのが適当だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「義兄弟との折り合いの悪さ」とは「予定されてる行事」みたいなものですね。人格を否定される様な辛辣な言葉を吐かれる事もありますし、こちら側が真剣に悩めば悩む程「心が萎えて」きますよ。一種の「権力闘争」と思って諦めるしかないですね。仲良くしようと努力すればする程、虚しくなるだけですから諦めて下さい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決して「嫌ったり、憎んだり」する事をしたくないのですが、たまたま「ポジション」に納まったに過ぎないだけなんですよ。話を戻しますが、今の結婚したくない若者は「結婚」よりも「このポジション」に座りたくないというのが本音かもしれません。

上手く義兄弟と付き合う方法はありますか?

平和的にいきますか?それとも…

どういう巡り合わせかは別として「運良く?」そのポジションに納まってしまったからには、今後の対策を考えていくしかありませんよね。嫌われても「親戚」ですから、放置したままでは明らかにマズいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

確かに悩むと思いますよ。こちらが何も意図しない事でも勝手に祀り上げられて「悪者」になってますからね。また「異常な情報収集」で、ある事無い事を喧伝されたりします。何故ここまで「否定」されなければならないのか?という疑念は、簡単に払拭出来るレベルではありません。しかし、これも「嫌われるポジション」に納まったが上の事なんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかく「深く考えない」事が先決だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昔から「嫁と姑」の問題は取り沙汰されてきましたが、この「義兄弟を挟んだ親戚付き合い」もかなりネックになるケースが多いと言えます。そして何かと「口を挟んで」きますからね。余程「立ち回り上手い」人なら、それなりに(関係を)取り繕うでしょうが、結構苦労したり精神的な負担で苦しむ人も多いでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここは、二者択一の判断になりますが「相手に合わせる」若しくは「スパッと切る」という考えがありますね。もちろん「夫or妻」の考えの下に話し合って決められるのがいいですが…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

折り合いの悪さに耐えかねている方なら「結論は急ぐ」べきだと思いますよ。

自分に正直な判断を下しましょう

ちなみに私も「折り合いの悪さ」に悩まされた一人です。全く何をどうしても好かれませんし、評価もしてくれませんからね。しかし「ミス」はキッチリ叩いてくれますよ。もちろん隙あらば「情報収集」をして、こちらの事を突っ込んできます。これも「嫌われるポジション」に座ってる以上、ある程度仕方のない事と諦めてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

煩わしい方は「縁切り」しても構わないと思います。所詮「赤の他人」ですからね。義理立てる必要はありません。親戚付き合いも出ない方向でも問題は無いですよ。とにかく「一線から身を引く」感じですよね。こっちは好きにやっていくので、というスタンスに変えて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆくゆくは「遺産」の話等もありますが、あくまで「ノータッチ」という意思表示を示していれば「嫌う」温度も下がってくるでしょうし、まずは「ライバル視」してる点を消していけば緩和されると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無理に「辛い付き合い」を続ける必要は全く無いと言えますよね。血縁関係でもありませんし、あくまで「配偶者の一人」というスタンスを取り続けて下さい

 

 

 

 

 

 

 

 

陰口は頻繁に叩いてますから、回り回って「こちらの耳」に入っても気にしない事です。放っておけばいいのですからね。辛い思いをしても、まずは「自分の家庭」をしっかり守る事の方が遥かに大切と思いませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

親戚付き合いを含めて、まずノータッチでいく事をお勧めします。それらは全て「夫or妻」に任せましょう。もちろん「自分の親兄弟や親戚」は大切に接していくべきですけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「合わない人とは会わない」これをコンセプトにしていきましょう。それと、こんな理由で結婚を躊躇ってる方は、また「二の足を踏む」事に逆戻りしかねませんが、大丈夫ですよ。率先して「結婚」に踏み切って下さいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「少子化」の原因が、こんな「つまらない理由」に隠されているのは不幸としか言いようがないと思うんです。

(合わせてお読みください)

生涯独身で老後どうする?高齢化するまでにやっておきたい事
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください