スキルアップを仕事に生かす意味とは?その具体的な方向性

何か特技はあるはずです

最近、よく聞く言葉で「スキル」というのがあります。簡単に直訳すれば「技能」ですよね。とくに「仕事」に関してよく使われるケースが多いと思います。

つまり、技能を身に付けて就職を有利にアピール出来る。若しくは仕事面で役立つ「ツール」となるわけです。

もちろん、個人的な「趣味や生活」に関しても重宝出来ると思いますし、広い範囲で使われる言葉と言えますね。

そんな「スキル(技能)」を向上させるという意味で…

 

 

「スキルアップ」と言われています。

 

 

簡単に言えば「スキルは武器」であり「スキルアップ」「武器を身に付けて使いこなす」感じと思って頂ければ理解し易いと思いますね。

しかし、これがまた難しいわけなんです。

 

 

「スキルアップ」と言われても?

 

 

と、困惑するケースは少なくありません。

直接仕事に関わってたり、希望する仕事に必要と予め分かっていたら問題無いですが、何も無い状態からでは…

 

 

「何をスキルアップすればいいの?」

 

 

と、途方に暮れませんか?

 

「自分には全く必要無いし、その気も無い」方であれば、それはあくまで個人感の差なので構いません。

 

しかし「リストラや再雇用」或いはこれから仕事を探したい方にとっては「非常に大切」な事だと思いますよ。

 

その「スキル」を得ていた結果が「明暗を分ける」かも知れないのです。

 

「スキルアップしたいけど、自分には何も無い」と嘆く前に、もう一度「自分自身」を客観的に見つめてみませんか?

スポンサーリンク

まずは探してみましょう

スキルアップには「情報」が不可欠です。フリーペーパーやネット等で、色々ありますから一度目を通されるといいですよ。

本当に今流行りの「〇〇検定」まで含むと無数にありますからね。趣味系のスキルアップは、遊び感覚で見てもらう事をお勧めします。

ここでは「仕事」に関するスキルアップの例を挙げてみたいと思います。

 

①車の運転に興味がある場合。

 

普通免許を持ってる方は多いと思うのですが、それだけでは範囲も広過ぎますし就職にも決めてが欠けるんです。

運転系なら「トラック、バス、タクシー」等に分かれますし、それぞれの免許があります。

 

「トラック」なら「大型免許」があれば職種の幅が広がりますし、また「フォークリフト」の資格を持っていると「倉庫関係」の仕事には有利です。

 

「バス」「求人の穴場」ですよ。最近では「市バス」も随時募ってる程ですからね。もちろん「大型二種免許」が必要なので、自信のある方はチャンスです。

 

ここで言いたかったのは、差をつける為に「一歩踏み込んだスキル」を持っていると有利という事なんです。

 

ただ「普通免許ならあるけど」ではアピールにもパンチがありませんからね。

 

上記で挙げた中では「フォークリフト」は重宝されますから、取っておいて損は無いと思います。また取得に関する難易度も高くありませんので、興味のある方は前向きに検討されてはどうでしょうか?

 
スポンサーリンク

スキルアップは計画的に

②スキルアップ「オタク」は避ける

 

「器用貧乏」という言葉がありますが、何でもかんでも「スキルアップ」を図る事は避けるべきですね。もちろん趣味として幅広く「自分の引出し」を増やすのは構いませんが…

 

スキルアップを仕事に生かすなら「ジャンル」を選定し絞った上で、伸ばしていく事をお勧めします。

 

結局、アレもコレもとスキルを身に付けたところで知って「焦点がボヤける」のです。

それならば、前述した「運転」の様に、同じ方向性のジャンル上にある「スキル」を身に付けていく方が、より「スペシャリストとしての伸びしろ」をアピール出来ます。

 

もちろん、様々なスキルを身に付けているのは悪くありません。

 

スキルアップも仕事やキャリアに生かす事と、個人的な趣味の延長に分かれますので、前者ならば間違いなく特化した(スキルアップの)内容に焦点を絞るべきですね。

 

これからは「よりスキルの発達した人材」を雇う側は見てくると思います。

 

定年が近い方も、まだまだこれから先の事を考えてスキルアップは大いに図るべきですよ。

最後は能力の優れた人が笑うわけですから。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください