GREEは退会出来ないの?悩む前に行う有料サイトの解約法

解約したはずなのに..

スポンサーリンク

「ガラケーからスマホ」へ、すっかり「携帯電話社会」も様変わりして多くの方に(スマホが)浸透しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、今では「ガラケー時代」以上に無くてはならない「生活ツール」になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

使い方も幅広く「頼れる存在」ですから、家の中でも「スマホ」は私達の「右腕」みたいな存在ですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなスマホ生活なんですが、一つだけ気になる事がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ガラケー時代の遺品整理」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

電話やメールの登録先に関しては、変える必要はありませんし「スライド」で構わないのですが…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問題は「有料サイト」なんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも「加入サイト数」を正確に把握されてましたか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全く加入してなかった方は問題ありませんが、今からでも確認された方がいいと思いますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とっくに記憶から消えてる有料サイトが、まだ「生き残っている」ケースがありますから。そして、気付かないままに毎日「課金」され続けてる可能性もあるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

各キャリアとも、経費削減の為「請求明細書」が従来の「郵送からweb」に変わりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてwebに変わった事により「明細の内訳」を確認しなくなったんです。だいたい「請求額」さえ分かれば細かい明細まで知ろうとしませんよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、そこが「盲点」になってたわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

是非、明細書の内訳は「必ず確認」する様にしていきましょう。月々数百円でも引かれ続けて(払い続けて)いれば、年換算すると額も大きいですからね。ついつい見過ごして「払い続けてる」場合があるわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも「忘れていた」にのなら、自分のミスですし納得も出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の場合は「退会手続き」を済ませて解約してはずの「有料サイト」が残っていたのです。そして「辞めたはずのサイト」に毎月「324円(税込)」を払い続けていた事になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サイト名を敢えて公表しますが「GREE」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひょっとして「解約したくても出来ない」と諦めてる方はいませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決して「GREE」だけではありませんが「退会解約困難」な有料サイトは存在しますから。是非参考にして「ガラケー時代の遺品整理」を済ませて下さい。

 

「袋小路」を抜け出すには?

スポンサーリンク

「退会してる」はずの有料サイトが「生きている」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俄かに信じられなかったのですが、パスワードを覚えていたので入れてみたら…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「アバター」が残ってました(( ノД`)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それで、慌てて「退会手続き」をしようと、他のPCサイトを参考に進めていきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして「退会する」をクリックすると…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「退会出来ません」の文字が…

 

 

 

 

 

 

 

 

「何これ?」ですよ。毎月課金され続けてるのに「辞められない?」

 

 

 

 

 

 

 

 

「どういう事(怒)?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

怒りが沸き上がるのを抑えつつ、色々操作続けると私は「コインコース」に入ってる事が判明しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入会したのが8年前ですし、コースまで覚えてなかったのですが、表示によると「有料コースの手続きを済ませてから」との事でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では「有料コース」の手続きに…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると、信じられない表示が待ち受けていたのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「加入時の携帯電話で操作して下さい。スマホやPCでの手続きは出来かねます」

 

 

 

 

 

 

 

 

なんやねん?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり「8年前にGREEに加入した」私は「ガラケー」からでないと「退会手続き」が出来ないわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなのアリ?

 

 

 

 

 

 

 

 

ガラケーを使わないから、スマホに買い替えたわけですよ。殆どの「スマホユーザー」は同じ理由でしょう。仮にガラケーの機種本体が手元に残っていても「サイトに繋がる」わけないじゃないですか。

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな子供でも分かる様な常識を、サイト運営会社が「知らない」とは言わせませんよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり「袋小路」押し込めておいて「毎月の使用料」だけは、しっかり頂く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただし、訴訟問題にならない様に「ご加入されてる携帯電話会社に連絡して下さい」と記してありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ショップまで行って泣きつくの?」

 

 

 

 

「ショップまで出向くの面倒だし~」

 

 

 

 

二進も三進も行かない心境に陥りますし、このまま毎月「324円を詐取」され続けるのかという焦燥感に包まれましたよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

同じ様に「焦燥感で一杯」の方もいらっしゃるでしょうが…

 

 

 

 

 

 

 

 

抜け出せます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

向こうが「加入してる携帯電話会社に連絡して下さい」と記してるわけですから…

 

 

 

 

 

 

 

 

そうしましょう。

有料サイトは慎重に管理を

まずは加入してる「キャリア」「お客様相談センター」に電話して下さい。

 

 

 

 

 

 

 

音声ガイダンスに沿って進んでいくと思いますが、私の場合は「その他」を選択しました(ちなみに平日の午前中だと、直ぐに繋がりましたよ)

 

 

 

 

 

 

 

オペレーターの方に繋がったら、まず「現状を赤裸々に説明」しましょう。そして「とにかく困っている」旨を伝えて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

私の場合「有料サイトの解約方法」を記した「自社HP」のアドレスをメール送信してくれました。とりあえず「試して下さい」という事で。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし…

 

 

 

 

 

 

 

 

「有料サイトには加入されていません」

 

 

 

 

 

 

 

 

と、表示されたんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

え~っ?!

 

 

 

 

 

 

 

 

「加入してないのに、課金してるの?」

 

 

 

 

 

 

 

 

もう一度「お客様相談センター」に電話です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初とは違うオペレーターの方でしたが。事情を直ぐに受け入れてくれました(少しだけホッとしましたが)

 

 

 

 

 

 

 

 

兎にも角にも、こちらは早く「縁切り」したいので「完全に遮断して下さい!」と頼み込んだわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

最終的に「加入してる有料サイトサービスを止める」事を提案してくれました。このサービスを止めるとキャリア側からの特典が入ったサービスを受けられなくなる」そうですが、背に腹は代えられません。

 

 

 

 

 

 

 

 

「二つ返事」でお願いしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

「サービスを停止する事」により、私に存在をサイト側に「消す」感じですね。確かにリスクは伴いますが、月が替わると「サービス停止も解除出来ます」との事でした(その場合は、こちらから連絡を入れないといけませんが)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これで無事「解決」しました。

 

 

 

 

 

 

 

「まとめ」として

 

請求明細書の内訳は必ずチェック。

 

心当たりの無いサイトの課金がないかチェック。

 

加入している有料サイトは忘れない様に、メモに留めておく。

 

利用しない有料サイトは、直ぐに解約する。

 

巧妙に「退会・解約」出来ない仕組みにされていれば「加入しているキャリア」の「お客様相談センター」へ連絡する。

 

 

 

今回の反省点としては、web明細だからと「チェックが杜撰」になってた事です。やはりキッチリと目を通す癖をつけておく必要がありましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

敢えて「サイト名を公表」しましたが、現実に「辞めてくても、抜けたくても」出来ないシステムに作られてるのは問題があるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

際に「GREE」で検索しようとすると必ず「退会出来ない」というキーワードが「セット」になって表示されますからね。それだけ困ってる人は多いわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし「自己責任の杜撰な部分」を逆に「突かれてる」とも言えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

防ぐには、自己での「管理体制」を強化するしかありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

今一度「請求明細書」の内訳チェックをお願いします。

(合わせてお読みください)

「パチンコ依存症」を解決する為に取り組むべき対策とは?

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください