炭水化物は朝に摂れ!一日の活力を朝食に求める工夫術は?

悪者になったりブームになったり

スポンサーリンク

今や「空前の食パンブーム」だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

そう言えば「食パン専門」のベーカリーショップがありますし、そんな店は完全予約制ですからね。一斤が千円くらいする食パンもあるとか?

 

 

 

 

 

 

 

ブームの経緯は分かりませんが、スーパーやコンビニで売ってる市販の食パンもよく売れてますよね。

 

 

 

 

 

 

 

食パンだけでなく、菓子パンやサンドイッチ等も人気があります。

 

 

 

 

 

 

 

もちろん「パン=炭水化物」という事ぐらいは周知の事実です。そんなの関係無く、パンを買い求める人は女性を中心に増加傾向なんですよ。

 

 

 

 

 

 

主要な炭水化物食品の中でも食パンは、最も「血糖値を上げやすい(G1値が高い)」食品に位置付けられているのです

 

 

 

 

 

 

そんな食パン」「アンチ炭水化物」のムーブメントに真っ向から跳ね返している現象は、むしろ皮肉にさえ思えてきます。

 

 

 

 

 

 

 

「糖質=ダイエットの敵」

 

 

 

 

 

 

 

この構図が完成してるので「ヒール役」に見られますが、身体には絶対必要な栄養素という事だけは忘れないで下さい。

 

 

 

 

 

 

 

「甘い物は太る」

 

 

 

 

 

 

 

確かにその通りです。

 

 

 

 

 

 

但し、甘い物には「糖質に変わる密度が濃い」故に「太る」と言われてるのです。

 

 

 

 

 

 

 

適正な「糖質」は絶対に摂る様にして下さい。

栄養の働きを考えましょう

血糖値って何の事?

 

・血液の中にブドウ糖が入った状態の数値です。

 

つまり「炭水化物」等の栄養素を摂ると、血糖中に「ブドウ糖」が送り込まれるわけです。

 

 

 

 

 

よく言われる「血糖値が上がる」とは、血液中におけるブドウ糖の割合が多く占めてる状態を意味します。

 

 

 

 

 

この「血液中のブドウ糖」を「膵臓(すいぞう)」から分泌された「インシュリン」が各細胞へ運搬する役割を担うのです。

 

 

 

 

 

 

 

つまり「ブドウ糖」「燃料」なんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

そして「インシュリン」は燃料を運ぶ「動力装置」に相当します。余談になりますが、この動力装置である「インシュリン」が分泌されない症状が「糖尿病」です。

 

 

 

 

 

 

「ブドウ糖」を作り出すのが「糖質」であり、一切の「糖質を摂らない」事は「体内の細胞」に栄養を送らないわけです。

 

 

 

 

 

 

 

つまり「車にガソリンを入れない」事と同じですね。

 

 

 

 

 

 

 

また「太る」と言われているのは、必要以上に摂取すると「脂肪に変わり」蓄積されるからです。

 

 

 

 

 

 

 

しかし、摂っただけ燃焼(運動)させれば(脂肪として)蓄積される事もありません。

 

 

 

 

 

 

余程「肥満体型」を改善するダイエットや、前述の「糖尿病治療」等の特別な事情が無い限りは「炭水化物」を抜かない様に努めて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

それでも、抵抗のある方は…

 

 

 

 

 

 

 

最低でも、朝は摂りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

細胞を動かさないという事は、内臓の機能すら停滞させる事に繋がります。

 

 

 

 

 

 

 

「糖尿病」が怖いのは、ブドウ糖が血液中に停滞したままなので「各細胞が働かない」点にあるのです。それ故に様々なリスクを生じるのですが、自ら「細胞の働きを止める」行為は慎んで下さいね。

朝こそ炭水化物をガッツリと

スポンサーリンク

一日の始めである「朝食」は絶対抜かずに食べる様にしましょう。

 

 

 

 

 

 

また「炭水化物」を摂って細胞に「スイッチ」を入れてください。

 

 

 

 

 

 

 

朝食で「太った」と聞いた事がありませんよね。つまり、朝食を取る事により身体の「動力装置」が点火されるのです。朝抜いて昼食べるという食生活は、却って「太る」という事をお忘れなく。

 

 

 

 

 

 

通勤時でも「駅の立ち食い蕎麦」「牛丼チェーン店」でもガッツリ食べてる光景を目にしますが、それは正しい事なんです。もちろん、炭水化物の他に「野菜、果物」を取ると更に効果があります。

 

 

 

 

 

 

 

「食パンブーム」ですが、普通のトーストよりも「ハムやチーズ」を乗せて食べる方がビタミンや蛋白質を同時に摂れるので、複合した食べ合わせにして下さい。

 

 

 

 

 

 

 

牛丼を食べてる方も「牛丼オンリー」より「サラダと味噌汁」は付けた方がいいですよ。

 

 

 

 

 

 

 

一日の食事の中でも「朝食」程、制限の掛からない食事はありません。

 

 

 

 

 

 

 

食べる「軸」を炭水化物にして、その脇を「ビタミンや蛋白質」に固めるわけです。極論を言えば、食べたら太ると言われる物は「朝に食べる」様にして下さい。

 

 

 

 

 

 

 

「チョコレートケーキ」でもいいじゃないですか?

 

 

 

 

 

 

朝に食べたら「お腹の持ち」もいいですし、行動にも疲れる事はないでしょう。

 

 

 

 

 

 

また「朝食」こそ「色々プラス」して食べて下さい。パンとコーヒーだけでもいいですが、余裕があれば「ヨーグルト」「ブルーベリー」を入れて食べてもかなり健康に良いですよ。

 

 

 

 

 

 

 

一日の活力ですから「食べて自分の細胞を即動かしてくれる」食事が理にかなっていると言えます。

 

 

 

 

 

 

朝をしっかり取っていれば「炭水化物の有難さ」を感じるはずです。

 

 

 

 

 

 

世間の「ネガティブな喧伝」に惑わされる事無く、しっかりと朝は「炭水化物」OKです。夕食を軽めに済ませ、朝食をたっぷり取る様に心掛けましょう。

 

 

 

 

 

 

もちろん、朝とはいえ「莫大な量」は控えましょうね。

(合わせてお読みください)

50代タバコ禁煙男が体脂肪10%以下にした原料のキモは?

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください