虫食べた経験ありますか?

リアルに聞く「こんな所に日本人」

職場の取引先に「以前アフリカのジンバブエに住んでいた」という若者が入って来たんです。私もたまに話をするのですが、所謂「海外のボランティア活動」みたいな目的で行ってたそうなんです。

しかし、決して身近な国ではありませんからね。個人的にも興味があり、色々話を聞いてるんですよ。これがなかなか面白いわけですよ。まだ数回しか顔を合わせてませんが、若くても話の引き出しは多そうです(笑)

「ジンバブエ?」て、国名は聞いたことあっても場所までは分からないですよ。知ってる方は、かなり地理に詳しいでしょう。若しくは「アフリカ通」とか?

ジンバブエはアフリカ大陸の南部に位置します。丁度最南端にある「南アフリカ」の少し上ですね。日本からの飛行機だと、香港⇒ドバイと乗り継ぐ為「25時間」かかるそうです。まるまる1日ですよ(驚)

海外まで頑張る日本人を探す「バラエティ番組」がありますけど、リアルに聞けば驚きの連続でしたね。番組でもそうですが、こうした途上国にボランティアで活動してる人は「青年海外協力隊」所属なんです。

この若者も(青年海外協力隊)所属で、またいずれはボランティアで海外に出向きたいと言ってました。(今度は中南米辺りとか)
スポンサーリンク

聞いてみた「ジンバブエの食事情」

当然、こんなブログを書いてますから気になったのは「食生活」ですよね。日本に居る時みたいに「コンビニ」も無いでしょうし「ファーストフード店」も当然ありません。

主食は「トウモロコシの粉」に水を加えて餅みたいに練った状態にした物をスープに入れて食べる「サザ」という料理だそうです。正直「美味」というわけでもなく、当初は「サザ」ばかりでかなりキツかったみたいですよ。確かにいきなり遠方の慣れない国に来ているわけです。余裕も生まれないでしょうね。

慣れてくると日本から米等を送ってもらう様になったそうです。ちなみに現地でも米は売ってるそうですが「全然美味しくない」との事でした。野菜は「イケる」レベルで、果物は「美味しい」そうです。

お国事情もありますし、基本的にボランティアとして赴いてたので「自炊」が大半だったそうです。また食とはテーマが離れますが、娯楽も少なく、専ら「サッカー」を現地の子供達に教えていたとか。

また「人間より動物の方が多い国」とも聞き、少し歩けば「普通にアルマジロ」が見れるそうで、こんな話を聞くと「娯楽施設」を造るより自然を満喫すべきと納得しましたよ。
スポンサーリンク

「ワーム(ミミズ)」の素揚げ?

トウモロコシの粉が主食で、あとは自炊等をして賄った食生活と聞いたわけですが「気になってた事」があったので質問したわけです。

「虫食べた事ある?」

東南アジアや中南米、アフリカ諸国では「虫」を栄養源として食べる「風習」があるんです。普通に食べるし、店でも売ってます。そんな画像や映像を観られたら方も多いと思いますが…

「ありますよ」

アッサリと返事してきましたので、こちらの腰が引けそうになりました。

説明を聞きますと「ワーム(ミミズ)を揚げた物」を食べたそうです。つまり「素揚げ」で「原形はそのまま」らしいですよ。しかし「アッサリして食べやすい」との事です。

確かに形がグロテスクなだけで、テイストや栄養も落ちるとは限りません。昆虫食文化は国によっては定着してるわけです。ある意味、貴重な栄養源と言えるのでしょう。

ちなみに虫の栄養価は「蛋白質、ミネラルが豊富」でなかなか侮れませんよ。途上国にとっての食糧事情は容易ではありませんし、その中で生まれた「昆虫食文化」を単なる「ゲテ物扱い」するのは失礼な話と思います。

ところで「虫を食べた事ありますか?」
スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください