明日の「自分」を観察してみませんか?

老若男女、いろんな人がいるように高齢者の方が必ずしも尊敬に値するわけではありません。むしろ、そういう「人格者」と呼べる方は残念ながら減少していると思います。 しかし、だからと言って全てを悲観する考え方には反対なんですよ。 ‥‥