異動願いは社内転職。マンネリ打破で澱んだ気持ち前向きに!

澱んだ職場で雰囲気悪し

スポンサーリンク

職場も仕事も充実してますか?

 

陰口は飛び交い、仕事は要領悪くて残業続き。部長は細かい事をネチネチと突く。それに頷く腰巾着ども…

 

 

 

 

 

 

挙げ出したらキリが無い末期的な職場です。

 

 

 

 

 

 

こんな会社でも簡単に辞められませんよね。仕事も見通しが立たず、ダラダラと残業をして「数字」ばかりを眺めてる管理職。

 

 

 

 

 

 

 

正直、出社するのが憂鬱でありませんか?

 

 

 

 

 

 

あと数年「我慢」すればいいわけだし…

 

 

 

 

 

 

と、ひたすら定年まで耐えるのか?或いは思い切って転職するか?

 

 

 

 

 

 

 

しかし…

 

 

 

 

 

 

 

 

色々と意見を集めましたが、50代転職は厳しいのが現実の様ですね。相当な覚悟で臨まないと「成功」には繋がらない様です。

 

 

 

 

 

 

個人的にも、求人を調べてますが「いざ転職」というのは「リスク」だらけですね。

 

 

 

 

 

 

余程、高い「スキル」を持っているなら別ですが、65歳までのスパンで考えても容易ではないのです

 

 

 

 

 

 

ネガティヴ因子が充満し、出社するだけ溜息が出ます。

 

 

 

 

 

 

 

こんな状況を少しでも解放してくれる方法は無いのでしょうか?

思い切って「異動願い」

これは、あくまで「職場の規模や形態」によりますので全ての方に該当しないのですが…

 

 

 

 

 

 

 

異動が可能な企業ならば「転職」を考える前に…

 

 

 

 

 

 

 

「部署異動」という方法があります。

 

 

 

 

 

 

 

若しくは「勤務地の変更」ですよね。現在の職場に行き詰まり感や強いストレスを感じているケース等、それら理由は「正当化」出来ますので思い切って願い出てはどうでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

また「ストレスチェック」を行ってる企業も増え、とくに従業員の「メンタル面」にも重視する傾向が高くなりました。

 

 

 

 

 

 

 

これは「過剰な労働やハラスメント問題」等が関係しているからに他なりません。

 

 

 

 

 

 

 

決してネガティヴな理由だけでが全てではありませんが、プロ野球で例えるなら「FA宣言」する様な気持ちでチャレンジしてみる感じですよね。

 

 

 

 

部署異動のメリット

 

気分をリフレッシュ出来る。

同じ社内なので業種知識によるハンディは少ない。

転職ではないので、予め情報が前以て(クリアに)伝わる。

比較的業務にも慣れやすい。

転職に比べ、人間関係で腐心する事少ない。

マッチすれば、再び充実した社員生活を送る事が出来る。

 

上記の様なポジティヴに作用する要素がありますし、部署異動により「転職」という選択肢を消す事が可能になります。

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、全ての方に「良い効果」があると断言出来ませんが、少しでも「変えたい」と考えてる方には一考の価値があると思います。

 

 

 

 

 

 

何よりもリスクを最小限に抑える事が出来る上に、異動先で「合わない」場合でも退職する必要もありません。

 

 

 

 

 

 

再び「リセット」出来る余地が残されているからです。

背景には人間関係

スポンサーリンク

部署異動のデメリットは?

 

当然あります。勤務地が以前よりも遠くなったり、始業時間や終業時間の変更で「出社時間や退社時間」も変わるので(以前よりも)通勤面で不便が生じる可能性は否めません。

 

 

 

 

 

 

 

また同一企業なので「待遇」もほぼ同じです。

 

 

 

 

 

 

 

そして業務面においても、以前より不慣れで苦労する事が考えられます。

 

 

 

 

 

 

 

しかし「環境を変える」という事は予め「リスク」も想定した上で行ないますので、どれだけ「メリットがデメリットを消すか?」に掛かってくるわけです。

 

 

 

 

 

 

 

「デメリット」を恐れていては、何も変える事が出来ないでしょう。

 

 

 

 

 

 

少なくとも「現状を変えたい」気持ちが強い為に「異動願い」を出すわけですから「リスク面」は無視して進める事が理想ですね。

 

 

 

 

 

 

 

寧ろ「新たな業務」が決まれば率先して取り組んでいく様に心掛けていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

「異動や勤務地の変更」における最大のメリットは「ブラック企業の心配が無い」点だと思いますし、社内ですから情報は確実に得る事が出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

転職と決定的に違う点は「透明性」にあります。

 

 

 

 

 

 

 

そして、何よりも「人間関係」でに煩わしさを一先区切れる事も大きな魅力なんです。

 

 

 

 

 

 

 

「場所を変える」最大の背景は「人間関係」にあるわけです。職場における懸念材料の占める割合も大きいですし、人間関係さえ克服出来れば「仕事面」での充実も図れます。

 

 

 

 

 

 

必ずしも「異動願い」を出して部署や勤務地を変えたから、全てが好転するとは限りません。

 

 

 

 

 

 

 

それでも、言葉は悪いですが「思い切ったアクション」を打って出る価値はあると思います。

(合わせてお読みください)

再雇用出来るまで退職金で凌ぐ?そして以前の給与は貰える?

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください