定年を迎えた日に「離婚届」!突然の通告を避ける為の対策法

増加する熟年離婚

スポンサーリンク

芸能人の例を挙げるまでもなく、近年50代を過ぎてからの「熟年離婚」が増え続けてます。

 

 

 

 

 

 

 

1990年(平成2年)には約2万件だったのが、今は6万件に上り3倍近く増えているのです

 

 

 

 

 

 

 

確かに理由はあります。まず圧倒的に「妻から夫」への「離婚通告」です。最近は「夫から」というのも増えつつあるのですが、依然として「三下り半」が主流になっています。

 

 

 

 

 

 

 

熟年離婚の原因は何?

 

・以下の理由が離婚原因として挙げられます。

 

性格が合わない。

同じ家にいる事でストレス。

浮気・不倫。

舅、姑との折り合いの悪さ。

夫の親の介護。

夫の介護。

夫の家庭無関心。

金銭問題(借金等)

DVやハラスメント

 

まず、増加する一因になっているのは(妻側の)意識の変化に「夫が気付かない」点にあると思います。つまり、夫には少なからず「家庭を養ってるのは俺だ」というプライドがあるのです。

 

 

 

 

 

 

 

それが「免罪符」の様に「何をやっても許される」という勘違いを起こしていると思われます。

 

 

 

 

 

 

 

しかし、時代の変化と共に「妻の考え方」変わってきてるのです。

 

 

 

 

 

 

 

「せめて子供が成長して、独立するまで」

 

 

 

 

 

 

 

夫が気付かないうちに、妻の愛情は日に日に冷めてきます。そして同時進行で「情報収集」をするわけです。

 

 

 

 

 

 

 

来たるべく「Xデー」の為に。

 

 

 

 

 

 

 

何も知らない夫は、妻に好き勝手な言動を口走り「家族サービス」もせず、夜な夜な「赤提灯」の暖簾をくぐる毎日。

 

 

 

 

 

 

そして、長年勤めた職場をめでたく定年。

 

 

 

 

 

 

帰ったら、妻からビールを注いで「長い間、お勤めご苦労様でした」の労いの言葉を貰った後に…

 

 

 

 

 

 

 

「ここにハンコお願いします。」

 

 

 

 

 

 

 

突き出されたのは「離婚届」

 

 

 

 

 

 

 

このシチュエーション怖くないですか?けど、こんな悲劇に見舞われてる人は年々増えているのです。

熟年離婚が増えるもう一つの理由

スポンサーリンク

・熟年妻を離婚に走らせる制度とは?

 

熟年離婚の理由ににいては、上記の通りで間違いないのですが、もう一つ「決定的」な要素が増えたのです。まるで「革命的」と言っても過言ではない「追い風」が吹き、妻からの「三下り半」が上昇する様になりました。

 

 

 

 

それが「年金分割制度」なんです。

 

年金分割制度とは?

 

 

離婚後に一方の配偶者の「年金保険料の納付実績」の一部を分割し、それをもう一方の配偶者が受け取れるという制度です。

 

 

今から10年前の2007年に施行され、最大半分(2分の1)の年金保険料を受け取ることが出来ます(ただし厚生年金、共済年金加入者に限り、国民年金は対象外)この制度により「熟年離婚」の増加は加速度が付いてきたのです。

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、妻が夫に不満がなければ「年金を半分頂いて離婚」に走ることはありません。それでも確実に増えているわけですから、如何に今まで「妻が耐えていたか」という事ですよね。

 

 

 

 

 

 

熟年世代になり、夫と別れるにも「金銭面」というリスクから止むを得ず耐えてきた方が大半だったのです。そんな方を救済すべく制度が出来たわけですから「利用しない」はずがありません。

 

 

 

 

 

 

妻からの「逆襲」は10年前から始まっているのです。

 

 

 

 

 

 

昔からの「亭主関白」「男尊女卑」的な考えを続けていれば、間違いなく強烈な「しっぺ返し」を食らうという現実が待ってますよ。

 

 

 

 

 

 

 

そうならない為に「今からでも」考えを改めていきませんか?

 

 

離婚届を突き出されない為に

記念すべき「定年を迎えた日」「離婚届」に捺印出来ますか?

 

 

 

 

 

 

 

しかし、いくら「ふざけるな!」と叫んだところで、妻は冷酷に「早く押して下さい」としか言ってくれませんよ。突き詰めれば、追い込んだのは「あなた自身」なんですからね

 

 

 

 

熟年離婚宣告をされない為に

 

家族サービスは怠らない。

仕事で遅くなる時は必ず連絡する。

家庭及び家族の事は常に関心を持つ。

妻との会話時間を設ける。

妻とは月に一回は外食に出掛ける機会を持つ。

妻へのリスペクトの気持ちを忘れない事。

時間があれば家事を手伝う。

妻の気晴らしには協力する。

親の介護問題等が出てきた場合は、一方的に押し付けず「話し合い」で納得する方法を決める。

いくつになっても「女性」として見てあげて「優しい言葉」を忘れずに

 

離婚理由の逆になりますが、若い世代の「離婚」と違い「積み重ねた不満」が多いだけに(離婚を)切り出した時点で「発言の撤回はない」と思われます。

 

 

 

 

 

 

 

そこまで、妻を追い込んでるわけですし「年金分割制度」「離婚後のプラン」を描いてるのですから「宣告」は即ち「レッドカード」なんですよ。

 

 

 

 

 

 

離婚を防ぐには「それまでに自分を変える」以外に方法はありません。

 

 

 

 

 

 

妻を「家政婦」みたいに扱ったり、全て「家庭の事は丸投げ」の姿勢を正そうとしない。そして、何かあると「働いて家族を養ってるのは俺だ」とばかりに上から目線で見下ろす。

 

 

 

 

 

 

「俺に惚れて一緒になったんだから大丈夫」

 

 

 

 

こんな脳天気な考えは一刻も早く捨て去るべきです。とっくに妻から「愛情」は無くなってます。

 

 

 

 

 

 

それどころか…

 

 

 

 

 

 

「ウザイ」と思われてますよ。

 

 

 

 

 

 

 

少しでも心当たりのある方は、考えを改める様にして下さい。決して難しい事では無いですからね。

 

 

 

 

 

 

また妻側も「旦那と別れてせいせいした」とばかり喜んでられないんです。やがて来る「老年期」に突入すると、自分自身に(ツケが)降りかかってくるわけです。夫に対して「ウザイ」と思ってたら、今度は息子、娘から同じ様に思われないとも限りません。

 

 

 

 

 

 

 

確かに「年金分割制度」で熟年離婚は安易に行える様になりましたが、老年期前あるが故に双方とも「大きなリスク」を背負ってるという事実だけは間違いないのですから。

 

 

 

 

 

 

 

熱くなるより「クールダウン」がベストだと思います。別れるにせよ、お互いが最良の道を歩めることが望ましいのではないでしょうか。

(合わせてお読みください)

独身中高年には恋愛の「落とし穴」が潜んでいるという実態

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください