転職するならどの会社?最後の職場を充実させる為のポイント

死んだ顔をしない為に

スポンサーリンク

重い話をしたくをありませんが、サラリーマンの表情って暗いですよね。

 

 

 

 

 

 

もちろん全ての方ではありません。しかし、通勤姿や営業回りのサラリーマンの姿が痛々しく映るんです。

 

 

 

 

 

苦しい状況というのが、背中に書いてある様ですし…

 

 

 

 

 

これは、どの企業に勤めてる方でも変わり無いでしょうね。

 

 

 

 

 

「売上げは目標を達成したのか!」

 

 

 

 

 

「利益はどうなってる!」

 

 

 

 

 

会議の度に、毎回突き刺す様に言われてたら精神的にも参りますよ。それで平然と立ち振る舞いを出来るなら、相当な神経の持ち主だと思いますよ。

 

 

 

 

 

 

 

とくに「管理職以上」になると、ストレスの連続で神経が休まるとは言えません。

 

 

 

 

 

 

 

更に、その下へ同じ様に当たり散らす連鎖反応と。ストレスが「トップダウン式」に荒れてくる構図ですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも「苦しい」のは「管理職」にドンピシャの50代と思われます。上から押し付けられ、部下も守らないといけません。気が付けば、色んな「責任」を負わされているのです。

 

 

 

 

 

 

 

そんな日常が続けば「正気を失った」表情になるのは必然的な事と言えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

「バーンアウト症候群」とは違った形のアプローチで精神的に追い詰められていくのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

そうなる前に。

 

 

 

 

 

 

今一度「転職を視野」に入れる事が必要かもしれません。

甘い言葉は信じない

スポンサーリンク

転職について行動を起こすなら、ハローワークに求人登録をして進めていく事をお勧めしました。

 

 

 

 

 

 

しかし…

 

 

 

 

 

 

必ずしも「いい条件」が揃っているとは限らないんです。言葉は悪いですが「パンチに欠ける」のが実情と言えますね。

 

 

 

 

 

 

全ての求人が「ハローワーク」に貼り出しませんし、メディアという方法を取る企業も少なくないわけです。

 

 

 

 

 

 

それが「フリーペーパー」「ネット」「新聞の折込チラシ」での募集です。とくに「フリーペーパー」はかって有料の求人雑誌でしたから随分と便利になりました。

 

 

 

 

 

 

 

また「フリーペーパー」の特徴として、広告をカスタマイズして出せる点があります。

 

 

 

 

 

 

 

「ハローワーク」の求人票と違い、派手に募集広告が出来るので「転職」を考えている方にとって魅力的な条件を見つけやすいわけです

 

 

 

 

 

 

職場の雰囲気も良さそうですし、条件も魅力的だし「応募してみよう」となりませんか?

 

 

 

 

 

 

ここで冷静に考えて下さい。

 

 

 

 

 

 

「何か裏ないか?」と。

 

 

 

 

 

 

毎週「フリーペーパー」を取ってきて目を通せば「おいしい企業」がずっと募集している事に気付きますよ。

 

 

 

 

 

 

「ブラック企業」とは言いませんが、いくらでもカスタマイズして良く見せる求人広告は多いですし、期待した分だけ「実際は違う」ケースもあるのです。

 

 

 

 

 

 

下手に採用されてから後悔する場合もありますので、いくら自分が厳しい状況だろうと「甘い言葉」には釣られない様に注意して下さい。

まず自分在りきで考えましょう

今回書いてるテーマは「ネガティブ」な理由での転職ですから「甘言」に吸い寄せられやすいんです。

 

 

 

 

 

 

「傷ついた心を癒してくれる場所」

 

 

 

 

 

 

これがキーワードになっているわけですからね。しかし、気持ちは凄く理解出来ます。

 

 

 

 

 

 

働きたいけど「心の問題」を抱えている。

 

 

 

 

 

 

こういう方は、まず「無理しない」事ですし、今以上の条件を探さない事です。とくに給与面を最重視して決める傾向にありますよね。

 

 

 

 

 

 

それよりも「今の自分が出来る仕事」を最優先して考えて下さい。

 

 

 

 

 

 

「この仕事なら大丈夫」

 

 

 

 

 

 

そう確信を持てる「仕事」を探す様にして下さい。

 

 

 

 

 

決して、以前と同じレベルの自分を売り込む必要はありません。

 

 

 

 

 

 

「数字に追われて神経が疲弊」してる方に、また同じ職種を選んだところで、再び「地獄を見る」だけと思いませんか?

 

 

 

 

 

 

また「フリーペーパー」で探すなら、一回で決めずに4週間(1ヶ月)はじっくりと見比べて下さい。

 

 

 

 

 

 

それだけでも「募集傾向」が分かりますし、何よりも「クールダウン」する時間をしっかり作ってから行動する事です。

 

 

 

 

 

 

今後年金制度も変わる方針なので、定年までの年数が確実に伸びてきます。従って、50代での転職はまだまだ可能です。

 

 

 

 

 

 

しかし、決して無理をせず「最良の道」を選んでいきましょう。

 

 

 

 

 

 

もちろん、今の職場に留まる事も「あり」と思います。

 

 

 

 

 

 

大切なのは「無事にゴール」する事なんですから。

(合わせてお読みください)

50代の最新転職事情は?ハローワークから見る求人状況

金儲け話に要注意!甘い誘いの裏に潜む「マルチ商法」の罠

 

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください