外国人観光客増は仕事を奪う?本気でプロを目指す準備紹介!

こんな所に「○○人」

スポンサーリンク

今更ながら「外国人観光客」の事を書くつもりはありませんが、こちらの日常にもドンドン入って来ませんか?

 

先日も、外出した際に「カレーうどん」のチェーン店に入ったんです。今話題の「○○製麺」みたいな有名店ではありませんよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

昼の12時台を避けて店に入ったのですが、何と「満席状態」でした。そして入店したのは3人だったのですが、店員がこちらを見て…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「スリー?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思わず「日本人です!」と、声を荒げましたよ。

 

 

 

 

 

 

 

「申し訳ありません。お客さんが向こう(外国)の方ばかりなもので」

 

 

 

 

 

 

 

 

大変恐縮して(店員が)謝ってきたので、こちらも納得しましたが、いかに「外国人観光客」が日常に入り込んで来てるかを表すエピソードですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

観光地に「外国人」が大勢詰めかけるのは、もはや常識なんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

それが今や「生活を営む場所」にまでガイドブックを片手に集結する時代になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

都会であれ地方であれ、以前とは比較にならない程「外国人」を見かけます。それが「観光」という目的でなら良しとしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

「地場産業」が潤うわけですし、町おこしにも繋がりますからね。

 

 

 

 

 

 

 

しかし、この流れは「観光」だけでは無いのです。

 

 

 

 

 

 

 

つまり「外国人」という圧力が、想像以上に「のしかかって」きてるという現実ですね。少子高齢化社会に突入し、人口減少の日本においてますます増えていると言えませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

「グローバル化」と言えば、聞こえはいいのですが…

 

 

 

 

 

 

 

裏を返せば「日本人の居場所」が徐々に侵食されてきてる事を示しているのです。この流れに「移民政策」が導入されると、ますます「居場所」を失う事は間違いありません。

 

 

 

 

 

 

 

「外国人観光客」をもてなす精神は素晴らしいと思いますが、日本人として「これまでと変わらない生活を営む」事は別問題として扱わないといけないのです。

派遣労働者を使い過ぎるツケ

スポンサーリンク

「正社員」を雇うには人件費が高く付き過ぎるし、手っ取り早い「派遣労働者」に頼もう。

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな企業が増えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり現場には「正社員」を一人か二人だけを置いて、残りを全て派遣労働者で賄おうとするやり方ですね。マネージメント面だけを社員が受け持つわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

コスト面でどれだけ「浮く」のか分かりませんが、仕事の現場を派遣任せにしている事は事実ですよね。また彼等は同じ現場に何年もいませんから、頻繁に「メンバーチェンジ」を繰り返します。

 

 

 

 

 

 

 

 

その都度社員が仕事を教えますが、要領を覚えるのに時間がかかる上、その仕事っぷりも稚拙と言わざるを得ません。

 

 

 

 

 

 

 

 

「どうせ、また現場変わるし」

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな考えの連中が、作業着の代わりにサッカーのユニフォームを着て仕事をダラダラと「帰る時間」までこなしているのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

「仕事はミスだらけで、しかも遅い」

 

 

 

 

 

 

 

 

そのツケが、相手企業の現場に迷惑をかけているにも関わらず「仕事の値段交渉」で安く請け負っているので(仕事を)切られる心配がない。

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事を安く受け持ち、その中身は派遣労働者を大量に使った上の「コストダウン」で賄う。

 

 

 

 

 

 

 

厳しい表現ですが、安く仕事を貰って「プロ」ではなく「素人」に任せて切り盛りしているのです。

 

 

 

 

 

 

 

しかし、そんな「派遣労働者」に割って入ってきているのが「外国人労働者」なんです。

 

 

 

 

 

 

 

「安い賃金」ですが、彼等は生活がかかってますから真剣に(仕事に)取り組みます。ダラダラとサッカーのユニフォームを着て作業をする連中とは訳が違うのです。

 

 

 

 

 

 

 

もし「外国人労働者」の方が、派遣労働者より安く賃金が付くのなら…

 

 

 

 

 

 

 

 

これ以上説明するまでもありませんよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

企業側が「人を育てる事」を怠り、安易な派遣労働者で取り繕ったツケが結果的に「自らの首を絞める」わけです。

 

「プロパーの人材」を育てよ

このままでは職場も外国人が大半を占めますか?

 

あくまで経営者の考え方によります。従って、YESともNOとも言えません。

 

 

一つ言える事は、若い世代から中高年世代に至るまで「スキルアップ」に努めないといけない状況でしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、自分の能力を高める事です。そして同時に「自分の希少価値」を上げないと(これからは)ズルズルと埋もれた存在でしかなくなると思いますよ。

 

 

 

 

 

 

 

会社側も「この仕事は派遣でも出来る」という理由で派遣労働者に頼るのです。そして「業務の精度が悪い」となれば「マージン払わなくて済む上に(仕事を)覚えたら熱心な外国人の方がいいかも」という考えに落ち着くのは、もはや自然の流れと言えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この流れを断ち切るには「個を上げる(スキルアップ)」しか方法はありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

また中高年世代で、職場の中核を担ってる方は「若い世代」のスキルアップに率先して協力して上げて下さい。そして遠慮しないで鍛え上げていくべきでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

日本のプロ野球においても、優勝したチームは生え抜きの若手を徹底して鍛え上げた「ホークス」「カープ」ですよね。外から大金を叩いて獲得した選手で固めても強くならないんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

これは企業も同じ事で、要するに付け焼き刃で固めても「質は向上」しません。あくまで、信用を置かれる為には「プロパーの社員」をを育成する以外に無いと言えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

その為には、まず「自己啓発」に着手すべきであり「業務に必要」な資格を率先して取得する様にしていきましょう。社内研修制度資格取得制度があるなら、利用する様にして下さい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会社の制度を利用すると費用は負担してもらえます将来転職を考えているとしても「資格」は取るべきです。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「資格取得」も今や「外国人」が入り込んで来ているのです。彼等は、こちらの想像以上に「日本で成功する為」あらゆる方法で自分を磨いてますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

日本で働く以上、日本人には言葉でのアドバンテージがありますから、まずそこに上積みを重ねていく事だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

「ブラック企業化」には反対です。しかし、何よりも「個人の質」は上げていかないと将来的に(外国人労働者に)占領されても不思議ではないと思います。その為には「プロ意識」を植え付ける事ですね。

 

 

 

プロ意識を向上させるには

 

個を上げる(スキルアップ)意識を持ち続ける。

 

自己啓発活動は積極的に。

 

資格取得を率先して行い「自分の引出し」を増やす。

 

業務において、どんな「イレギュラーな事態」にも対応出来る視野を磨く。

 

ダラダラ残業をするよりも、定刻より早く出勤して業務の準備を入念にしておく。

 

言葉を積極的に発し、コミュニケーションを図る。

 

 

「プロ意識」を身に付ける事は容易ではありませんが、今こそ「日本の底力」が試される時だと思います。

(合わせてお読みください)

定時上がりを理想にして、無駄な残業を減らす職場作りとは?
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください