年金受給は75歳から?定年後の就活は本当に必要かを考える

現実味を帯びてきました

スポンサーリンク

少子高齢化に加え、鈍る経済力が国を圧迫しています。これは「衆議院総選挙」の結果に関係無く激変する事はありません

 

 

 

 

 

 

実際に、先細りしている現状で厳しい生活を予余儀なくされ「生活保護」を受けてる方も増加しているのです。財源を確保する為に「消費税」の値上げや、事ある毎に「煙草税」も上がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それだけ「苦しい状況」なんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

また「東日本大震災」始めとする自然災害における復興費も国の財源を逼迫しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうなると「徴収する(税金)」枠を増やし、国民への「サービス」を減少させる方向に舵を切らざるを得ないわけなんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな中で「国民への代表的サービス」「年金」ですよね。もちろん、国民が長い間払い続けてるわけですから、タダで貰うのではありませんが…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現行の「受給対象年齢」が引き上げられそうな状況ですし、まずそうなると思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

いくら「年齢引き上げ反対!」と声高に叫んだところで「無い袖は振れない」状態ですから、現実的に受け入れざるを得ないでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

これからの世の中は、各自が「先の事」を考え「早めに手を打つ」姿勢が求められてくると思います。そして「情報」だけは、決して聞き漏らさない様に心掛けていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「誰かに何かをやってもらう」時代ではなく、あくまで「自分で最後までやっていく」時代に突入していると思って間違いありません。

 

 

 

 

 

 

 

将来、こうならない為にも…

50代になったら考える事

スポンサーリンク

「年金受給年齢の引き上げ」は、まだ閣議決定されたわけではありません。しかし引き上げは、ほぼ施行されると想定しておくべきです。

 

 

 

 

 

 

 

そして50代に突入すると「定年」が見えてきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

60歳という「ゴール」はあっという間に訪れますので、そのゴールにだけ向かって走り続ける事理想なんですが…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現実的には「ゴール」を超えてからの人生を考えておかないと、相当苦しい状況が待ち受けていると言わざるを得ません。

 

 

 

 

 

 

 

 

仮に「85歳まで生きる」と想定すれば、定年から「25年」あるわけです。そして年金受給が引き上げられたなら「15年間」をどう生き抜くかを考える必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

正直なところ「悠々自適」の余生を送れる人は、ごく一部の限られた方ではないですか?

 

 

 

 

 

 

 

また「病気になり健康を害するリスク」も年々上がってきますし、そうなると医療費も重くのし掛かります。しかし社会保険等のサービスは年々薄くなってくるでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

自分がバリバリ働いている「現役時代」なら兎も角、それを過ぎてからの(人生の)方が間違いなく厳しくなってくるのです。

 

 

 

 

 

 

 

そして、行き着く先は結局「お金」です。

 

 

 

 

 

 

 

決して「定年まで」を考えるのではなく、大切な事は「定年後」なんですよ。つまり、定年後から年金受給年齢までの「エアポケット」に当たる期間が重要と言えるのです。

 

 

 

 

 

 

 

この期間を埋める為にも「定年後就活」が大切になってきます

 

 

 

 

 

 

 

 

「死ぬまで働かす気か!」

 

 

 

 

 

 

 

 

と、声を上げたくなる方も多いと思いますが「悠々自適の生活」は考えない方が賢明だと思いますよ。

ゴール手前から「next road」

定年後も就活は必要ですか?

 

それぞれの仕事、職場の状況が異なるので一括りには出来ませんが「準備」はされた方がいいと思います。

 

 

 

 

 

 

まず「60歳定年制」ですが、年金受給年齢引き上げの施行が現実を帯び「少子高齢化社会」もますます進行しています。それらを踏まえると「60歳」というラインも上げられるでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

私見ですが「65歳定年制」が主流になっていくと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

その上で「嘱託」という形を取り「75歳まで延長」になるのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、これはあくまで「シュミレーション」ですが、職場頼りにする方だけではありません。また職場も「従業員を(引き上げた)年金受給年齢」まで見てくれると限らないんです。

 

 

 

 

 

 

 

それなら「就活」は必須になりますよ。

 

 

 

 

 

 

 

まずは「ハローワーク」へ行き、求職情報を登録して「ハローワークカード」を作成してもらいましょう。

 

 

 

 

 

 

 

受付で、その旨を伝えると直ぐに案内してくれますし30分程度の時間で済みます。とくに必要な書類も印鑑も要りません。あとは職員の簡単な質問に答えるだけです。もちろん在職中でも構いません。

 

 

 

 

 

 

 

 

ハローワークに(求職情報を)登録しておくと、何かと情報も得られますし「中高年の就活相談」にも乗ってくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の培ってきた「経験」を活かせる仕事があれば申し分無いのですが、そこは妥協しないといけないかも知れません。やはり、ハローワークの相談員と進めていく方が確実と言えますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

また「今から間に合うスキル(資格)」があれば、率先して取っておくのもお勧めです。

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば「フォークリフト」は短期間で取得出来ますし、費用も(運転免許に比べ)割安ですから「倉庫関係」の業務には役立ちますよ。自分に向いた「短期間で取れる」資格は他にもありますので「ユーキャン」等を参考に見られてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

「まとめ」として、定年から年金受給年齢までの「タイムラグ」は決して短くありません。就活を含む「穴埋め」は考えておくべきだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

「悠々自適」は決して幸せとは限りませんよ。働くという事は、細胞を活性化させる為に必要な最高の「スキル」だからです。

(合わせてお読みください)

五十代からの転職に失敗しない為の、確実に働ける仕事は?
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください