周囲に迷惑をかける人は人格障害?知っておきたい見分け方

職場、近所、親戚にいませんか?

スポンサーリンク

「あの人はタチ悪いよね」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう囁き合う「対象人物」が少なからず身の回りには存在しないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

「友達付き合いしたくない」典型的な問題人物は意外と多いんです。そんな人は、普通無視して相手にしなければいいのですが「身近な存在」に居られると困りますよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思考は正常なんですが、いつもトラブルを起こす中心人物であり、注意する様なものなら半端無く「激高」するタイプの人。

 

 

 

 

 

 

 

 

とくに何かしらの「精神的な病」を抱えている様子は無いのですが、ちょっと変…

 

 

 

 

 

 

 

 

こういう方達は「人格障害」の可能性があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「人格=パーソナリティ」に何かしらの歪みを抱えている人達を指します。

 

 

 

 

 

 

 

そして特徴を大別すると以下の様に分かれます。

 

A郡:奇妙で風変わりな行動

妄想性人格障害

統合失調症性人格障害

B郡:演技的で移り気な行動

演技性人格障害

自己愛性人格障害

反社会性人格障害

境界性人格障害

C郡:不安や抑制を伴う行動

回避性人格障害

依存性人格障害

強迫性人格障害

 

A~C郡に分類され、それぞれが社会生活において困難を極める特徴を示してます。

 

また「治癒」するには、精神科での受診になります。しかし「本人に自覚が無い」のが特徴で、診察を受ける事が殆ど無いのが実情です。受診しても「パーソナリティ」の問題になってくるので、治療期間は長期間に及びます。

 

 

 

 

 

 

 

この様な「人格障害」と呼べる人物は至る所に紛れてますし、何も知らないで接すると「火の粉」降りかかってくるだけなので注意が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この様な「人格障害」を持つ人の見分け方や、対峙するにはどうすればいいのでしょうか?

実に厄介な存在なんです

スポンサーリンク

上記に挙げた通り、様々なパターンがあります。その中でも「より密接的に存在する人格障害」をピックアップしました。

 

・演技性人格障害

「ヒステリー性」とも呼ばれます。際立って人の注目を集めたり、言動に芝居がかって感情的になります。外向的で「友人」はすぐに出来ますが、表面的な関係なので直ぐに離れていくのです。また異性に対して異常な執着心を持ち、盛んに誘惑を仕掛けるのも特徴です。

 

・自己愛性人格障害

文字通り「自己愛」が異常に強く、他からの注意や批判に激高します。また自己中心的且つ放漫なところがあり、相手に対して「上から目線」で接する事が多いのも特徴です。

 

この2点の「人格障害」は、比較的見かける事が多いと思います。

 

 

 

 

 

 

例えば「反社会性人格障害」は、かなり危険な人物になりますからね。明らかに目立った存在です。それに対し「演技性人格障害」「自己愛性人格障害」「限りなく普通っぽいわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

まず「演技性人格障害」は外見が派手なんですが、中身が薄っぺらで信用性が著しく欠けるわけです。また「芝居がかっている」為、嘘をついて取り繕う事も多く、接すれば接する程に「信頼性」を失ってくるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

「自己愛性人格障害」は典型的な「自分こそが王様(女王様)」タイプなので、全て自分の都合が良い方に解釈します。またプライドが高いので、扱いが非常に難しいのです。

 

 

 

 

 

 

 

この二つの「人格障害」に共通する点は「過ちを決して認めようとしない事」にあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに「手癖が悪い(物を盗む)」「平気で嘘を付く」行為をしばしば行うのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

下手をすると周囲は振り回され、疲弊する上に精神的にも相当な苦痛を強いられるわけです。

 

 

 

 

 

 

 

「あの人性格悪いよね」

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな囁きを向ける相手は「人格障害」を疑ってみて下さい。

厄介な人達との対処法は?

人格障害」の人達に接する際は、決して「反発」しない事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

いくら「奇天烈で筋の通らない」意見を言ってきても、とりあえず「聞き流して下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

共通して言える事ですが、人の意見は全く聞き入れません。また反論される事に異常な抵抗感を持っているのです。

 

 

 

 

 

 

 

こちらが正論を述べても「敵対心」を振りかざしてきますので注意して下さい。

 

 

 

 

 

 

 

従って、とりあえず聞き流した上で「(相手の意見を)捨てて」下さい

 

 

 

 

 

 

 

 

向こうは「自分の」意見を聞いて貰っただけで納得します。

 

 

 

 

 

 

 

また「豚もオダてりゃ」では無いですが、それぐらいの接し方に徹した方がいいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

「そんなヨイショは出来ない」

 

 

 

 

 

 

 

 

という方もいらっしゃると思いますが、真面に当たる事を考えるとストレスは溜まりませんよ。

 

 

 

 

 

 

 

相手は「パーソナリティ」に何らかの欠陥を抱えているのです。こちらが正直に接すれば、する程「泥沼」に引きずり込まれます。

 

 

 

 

 

 

 

大切なのは「人格障害」という実態について、こちらが知識を持っておく事です。

 

 

 

 

 

 

 

決定的な違いは「人格障害」の人達の発言や態度は「常識的なブレーキ」が無い事です。尋常では無い発想や態度に「常識を逸した寒気」を感じますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

これこそが「人格障害」を見分ける上でのキモ」だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

こういう方達と喧嘩になっても「取り付く島」もありません。向こうの意見が間違いと分かっていても「反論せず、適当に持ち上げ」て、あとは上手く距離を遠去けて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり顔を合わせない事が理想です。

 

 

 

 

 

 

 

 

もし、職場なら「上司」に相談の上、部署異動をしてもらって下さい。実際に私の職場でも、嘆願して(対象人物は)他部署に異動しましたから。

 

 

 

 

 

 

 

今回、紹介し切れませんでしたが、まだまだ「人格障害」という実態は奥深いですし、もっと周囲が理解して対処法を考える必要があると思います。

 

 

 

 

 

 

私達も「見分ける目」「対処法」を養っていきましょう。

(合わせてお読みください)

パワハラ上司に転職相談?ハローワークで秋の再就職必勝法

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください