パワハラ上司に転職相談?ハローワークで秋の再就職必勝法

就職の世話をする組織で何が?

時間に忙殺されるから?

スポンサーリンク

転職に関する話を書いてますが、先日「ハローワーク」内に勤める職員が上司に「パワハラを受けていた」というニュースがありました。

 

 

 

 

 

 

こちら側としては、就職や転職の相談に行く立場ですからからね。中には「ハラスメント的」な事が原因で転職をしようと訪れる人もいるわけです。

 

 

 

 

 

 

ハローワークは、むしろ「転職」の方に重きを置いてますからね。

 

 

 

 

 

 

その組織で「パワハラ」はダメでしょう。

 

 

 

 

 

 

確かに「ハローワーク」内は職業案内の他に「失業保険・雇用保険」の手続き等も行っており、いつ訪れても満員です。

 

 

 

 

 

 

中には「わがまま」を言ったり、無理難題を吹っ掛けてくる連中もいるでしょうから「ストレス」も溜まる仕事とは思います。

 

 

 

 

 

 

時間も忙殺されますからね。

 

 

 

 

 

 

それでも、多くの職員はプロ意識を持って真摯に対応してくれます。

職員数を増やしてみては?

 

ビッシリとこびりついた不況が続く以上、ハローワークの役割が減少する事はありません。

 

 

 

 

 

 

私達にとっても「頼りにすべく公共機関」ですからね。

 

 

 

 

 

 

しかし、働く職員の激務さやストレスまで理解しているかとなれば疑問符が付く事も確かです。立場的に余裕がありませんから、あらゆる事を「ぶつける」しか方法がないわけです。

 

 

 

 

 

 

それらを受け止めて対応するわけですから、改めて「職員の保護」を求めたいですね。

 

 

 

 

 

 

PC設置で、こちらも職探しが以前より便利になり利用し易くなりましたが、やはり「仕事や保険関係」詳細な部分は「相談」に頼るわけですからね。

 

 

 

 

 

 

改めて「職員の増員」で窓口を増やし、対応してくれる側のストレスも軽減すべきではないかと感じました。

秋は転職の季節です

アピール点を確認しましょう

スポンサーリンク

企業の多くは4月と10月に「上期・下期」に分けて新年度をスタートさせます。つまり半期分の締めを3月と9月に分けて決算期に充てているわけです

 

 

 

 

 

 

この半年毎の年度変わりに体制を一新するケースが多く見られます。

 

 

 

 

 

人事異動の時期も「春と秋」に集中しますから、求人需要も同時に増える傾向にあるのです

 

 

 

 

 

 

この時期は、毎年「欠員」も出る事で(需要が)増えるのですが、専門職になれば更に転職の幅が広がると言えます。

 

 

 

 

 

つまり「アピール」しやすい時期なんです。

 

 

 

 

 

 

自分のスキルを十分に発揮しやすい環境に移りたい方や、定年を見据えた結果「ここが最後の移り頃」と感じてる方…

 

 

 

 

 

 

流れを調べていけば「希望に添える」可能性が上がってくると思いますよ。

希望職種を相談して調査

 

希望職種をフォーカスするにしろ、求人票を隈なく調べていく事はキツい作業ですよね。

 

 

 

 

 

かなり骨の折れる作業な上、集中力も途切れやすくなると「見落とし」も多々出てきます。

 

 

 

 

 

集中力低下による「ケアレスミス」を防ぐ為にピンポイントで直ぐに希望職種を当たってみるのもお勧めな手段です。

 

 

 

 

 

 

出来るだけ「希望に叶った条件」を探し当てる為に「どういう職種で、給与等の待遇」を絞り込む事が大切になってきます。

 

 

 

 

 

 

人だと、迷いが生じて消極的にもなりやすいので「相談しながら」進めていく方が、より本気度をを高められると思いますよ。

 

職場の嫌な奴との対処法

まずは仕事で向上を図る

 

職場を斡旋する公共機関でさえ「パワハラ」が起こった事実は「ブラックジョーク」としか思えませんよね

 

 

 

 

 

しかし、職場における最大の課題は「業務内容」より「人間関係」かもしれません

 

 

 

 

 

 

「ハラスメント」の中でも、今は「セクハラ」より「パワハラ」の方が増加しているとも聞きます。つまり、それだけ職場内にストレスが渦巻いていると言えるのです

 

 

 

 

 

 

仕事探しにおいても「パワハラをする人間」だけは見えません。また「パワハラに変貌」させる流れに巻き込まれる事も未知の領域です。

 

 

 

 

 

 

極端な「ハラスメント」は別にして、まずは「仕事を覚えて、熟す」課題を第一に考えていきましょう。

 

 

 

 

 

 

仕事面で「戦力」と認めてもらう事により周りの評価、見る目も変わってきますからね。

 

 

 

 

 

 

 

それまでは「修業期間」と設定して下さい。

 

 

 

 

 

 

 

年齢上、なるべく「修業期間」は短いに越したことはありません。自分の「スキルの範疇」に入ってる仕事を探しましょう。

65歳ゴールを目指して

 

定年となれば「60歳」が一般的ですが、年金を受け取る「65歳」までは働かないと(余力が無い限り)厳しいと言えます。

 

 

 

 

 

 

また、少子高齢化による財源減少で「年金受給年齢」75歳まで引き上げようとする政府案も出されています。

 

 

 

 

 

 

 

あくまで「60歳」はボーダーラインとして、働くのは「65歳」までと決めておかれるといいでしょう(年金受給年齢が引き上げられるなら、それでも「早過ぎるリタイア」とも言えますからね)

 

 

 

 

 

 

 

例えば「55歳」の方なら「あと5年」ではなく「あと10年」というスパンで捉えて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

従って、職探しでも「数年」で終わるまでの繋ぎと考えられない事ですし、転職の際の面接でも「アピール」として「65歳」を強調すると有利です。

 

 

 

 

 

 

 

定年後の「嘱託社員」として、給与は下がりますが「雇用延長」に繋がりますよ。

 

 

 

 

 

 

そして何よりも「積極的な姿勢」が評価されると思います。

 

 

 

 

 

 

 

「ハローワークのパワハラ」というショッキングなニュースがありましたが、それ故に機関側も挽回に躍起すると思いますので、転職を考えてる方…

 

 

 

 

 

 

 

秋がチャンスです。

(合わせてお読みください)

再雇用出来るまで退職金で凌ぐ?そして以前の給与は貰える?

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください