柴崎岳がスペインで開花したカギは?転職成功への秘訣を解明

何故「派遣労働者」は成功しないのか?

スポンサーリンク

誰でも「環境が変わる」と、それに順応する事に腐心します。学校であれ職場でもそうですし、引越しも然りですよね。

 

 

 

 

 

 

 

その中でも「職場環境」が変わる事は、相当なプレッシャーになるわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「仕事は上手くこなせるか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

周囲とのコミュニケーションは図れるか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

他にも、通勤時間や近くにあるコンビニの存在ですら頭の中にインプットしなければいけないという「ストレス」があるわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それだけ「環境」に対応する事は大変な事と言えますよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして「仕事と環境」を考えた時、真っ先に思い浮かぶのが「派遣労働者」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

彼等は、基本的に派遣会社から職場を指定されて出向します。出向く先決まってないので結構なプレッシャーと言えますよ。もちろん、同じ職場に長時間勤務するケースもありますが…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その「長時間勤務」したところで正社員に登用される事は稀ですし、殆どは「派遣」で終わります。直接雇用の常勤扱いになるケースは少ないと言わざるを得ません。

 

 

 

 

 

 

 

 

何故か?

 

 

 

 

 

 

 

やはり「環境の変化」に素直な対応をしてない事が挙げられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

理不尽な理由も正当な理由も含め、契約を解除される状況に晒されている事に起因します。それが、結果的に彼等の心の闇を作り出す事に繋がっていくのです

 

 

 

 

 

 

 

しかし…

 

 

 

 

 

 

 

 

私は決して彼等を気の毒とは思いません。それには列記とした「理由」が存在するからです。

「適応障害」を克服した岳の直向き

スポンサーリンク

「見知らぬ国」でポツンとなる辛さ分かります?

 

昨年末の「クラブW杯」「名門レアルマドリード」相手に大活躍を見せた柴崎岳選手。

 

 

 

 

 

 

 

 

彼はその活躍を認められ、今年「スペイン2部リーグ」「テネリフェ」移籍しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、ご存知の方も多いと思いますが彼はその籍先の環境に馴染めない「適応障害」に陥ったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

関単に「適応障害」と言いますが、土地も言葉も食べ物も全く違う異国での生活は想像以上に過酷なわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも「結果」を求められているのですから、そのプレッシャーもあったでしょうし…

 

 

 

 

 

 

 

 

寡黙で真面目な柴崎選手には、殊の外「心」が整理しきれなかったと思いますし(報道で知る限り)このままでは「潰れる」と心配したファンも多かったはずです。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、彼は復活して「結果」を残し、この夏からは1部リーグの「ヘタフェ」へとステップアップを果たしたのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実力や運以外の要素に苦しめられた「柴崎岳」を蘇らせたのは何でしょう?

 

 

 

 

 

 

 

 

ここに「環境が変わった」時に成功するか、しないかの分かれ目が隠されていると思うわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

簡単な様で難しいのですが、決して一人のスポーツ選手の「サクセスストーリー」として片付けていては進歩がないでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼の「逆境からの成功」を解き明かしてこそ、私達に見えてくるものがあると思います。

環境が変わっても失敗しない為に

何故、柴崎岳選手は復活出来たのか?

 

まず「目標設定」が大き過ぎなかった事です。

 

 

 

もちろん、海外でプレーするのですから胸中に秘めてる夢は大きかったと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし「2部リーグ」のチームに加入しましたから、まずは身の丈を図っているわけです。そして「1部昇格目標」という中に自分を落とし込んだ上で海を渡ったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ここから見受けられるのは…

 

 

 

 

 

 

 

 

「大きな目標を持って環境を変えるな」という事です。まずは「自分に出来る事」を設定し、そのレールを進んでいく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、自分の中から「余計なプレッシャー」を予め外しておく事です。そうすると「最小限の心の負担」で済むわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

また、サッカー選手には珍しい「淡々とプレーする」スタイルですが、それだけ「自分のやるべき事」「立ち位置」を客観的に見る事が出来ると言えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

これは「環境が変わった時」に大切な事で、根本の軸がブレていない証拠なんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

柴崎選手が「潰れなかった」のは、彼の心の「最終ライン」が強固だったからに他なりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして「人は人、自分は自分」という信念です。

 

 

 

 

 

 

 

 

先に挙げた「派遣労働者」が成功しないと書いた理由は、この部分で崩れているからです。結局、人の様子ばかり見る上に陰口を叩く…

 

 

 

 

 

 

 

 

「環境の変化」を人のせいにする。

 

 

 

 

 

 

 

 

これで成功は望むべくもないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり「環境」が変わって成功を収めるには、覚悟も必要ですが「立ち位置」をそれ以上にしっかりと築き上げておく事だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

「自分の足元」を見る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

軸さえブレていなければ、環境の変化にも対応出来ると(復活した)柴崎選手の活躍で確信した次第です。

(合わせてお読みください)

「柴崎岳選手」的な若者を探せ

2018年サッカーW杯優勝国を大胆予想。気になる日本は?

スポンサーリンク

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください