『2020年』子供の学費が心配。コロナ禍だから知っておきたい学資保険アドバイザー

しっかりと我が子には教育ですが

子供が生まれると、健康以外で考えるのは「将来の事」ではないでしょうか?その為にしっかりと教育を受けさせたいと願うのは当然の流れだと思います。教育は子供の成長過程においても重要なオプションになるからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「教育=学校」となりますが、少子化が進んだ現在では「どこでもいいから、とりあえず高校さえ卒業してくれたら」という安易な考えは罷り通りにくくなっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

「少しでも我が子にはいい高校から大学に進んでもらいたい」という願いが強いのです。少子化だからこそ競争も少なくハイグレードな学校へ進学させたい。そして高いスキルを身に付けた上で社会に出てもらうのが理想と言えるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで親として出来るだけのバックアップはするのですが、その最たるものは当然経済面です。もちろん学校選び(私立幼稚園や小学校は当然親が主導)は子供の意見や考えが尊重されますが、まず資金面ですからね。小学校入学から大学卒業までの16年間での支払う教育費捻出を考えるのですが、決して安い金額ではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

子供の教育費はいくらかかる?

 

 

 

子供を育てるには生活面全般に関わる「養育費」もありますが、ここでは純粋に幼稚園から大学までを算出した額で表してみました。

 

全て国公立に通った場合

 

幼稚園     701,841円

小学校  1,933,860円

中学校     1,435,662円

高校         1,352,586円

大学         2,486,301円

  総額  7,91,0250円

 

全て私立に通った場合

 

幼稚園  1,447,176円

小学校     9,169,442円

中学校       3,980,799円

高校          3,120,504円

大学          4,577,578円

  総額  22,295,479円

 

(平成28年文部科学省調査結果より)

 

 

もちろん、進学志向の高い現在では塾や予備校へ通う事も加算されますから費用は更に上がります。上記の試算額は一人だけですから、兄や姉、妹がいれば人数分だけ倍になるわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

大学進学に際しては学生支援機構の奨学金を借りるケースがあります。確かに銀行等の金融機関のローンに比べると金利は安いのですが、卒業後に返済しなければなりません。もちろん就職が決まり、予定通りの返済計画に則って(奨学金を)払っていければ問題ありませんが、コロナ禍というイレギュラーな事態で就職すらままならないケースも考えられるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

借りる事はリスクがありますし、それなら安全確実な方法で子供の学費を資金繰り出来る方法を考えていくのがベストチョイスと思います。

学資保険を考える

☆ほけんガーデン  プレミア(学資保険専門無料相談サイト)

 

子育てにとって「教育費」は絶対に不可欠ですし、経済的な理由だけで妥協していては「可能性の目を摘む」に等しいと思います。確かにコロナ禍で経済事情は厳しいわけですが、目標を失ったり断念するという事が起こらない様にするのも親の務めではないでしょうか。

 

 

 

学資保険は必要でしょうか?

 

 

 

国や自治体は以下の支援制度を敷いて、バックアップをしています。

 

子供手当制度(0歳~義務教育終了)

子供の誕生月に10,000円~15,000円を支給。

 

保育園、幼稚園の無償化(3歳~5歳)

  保育園や幼稚園の利用料が無料。

 

高等学校等就学支援制度

私立高校授業料無償化、公立高校授業料を支援。

 

 

確かに有難い制度で非常に助かるのですが、例えば私立高校はあくまで「授業料のみ」で、教材費等の諸経費は実費です。また授業料も後から振り込まれる為、先に立替払いをする必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

支援制度で、上手く活用するなら両親共働き家庭で子供が高校まで公立に通う事が条件と言えます。更に大学進学となると支援制度だけでは到底不可能な出費になるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

裕福な家庭なら心配ないでしょうが、一般的に考えると子供に学資保険は必要と言えるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

学資保険は生命保険と同じくらい必要不可欠な存在です。

 

 

 

 

 

 

 

 

それならば、どこの保険のどんなプランにすれば良いのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな悩みに応えてくれるのが「ほけんガーデン プレミアのアドバイザー」です。

 

 

アドバイザーの特徴は?

 

 

人柄・経験・知識の項目で厳選されたプロのプランナーなので安心。

 

複数の保険会社を扱ってるので、希望のプランに応じて組み合わせてくれる事が可能。

 

万が一会わないプランナーなら変更が可能。また提案されたプランのセカンドオピニオンにも対応。

 

 

 

 

相談の予約手続きは約3分で完了します。

 

相談日時や場所は希望に沿って対応してくれるので、こちらから遠くに出向くという事もありません。またプロが真摯に相談に乗ってくれるので、気になる点や悩んでる事に関しても安心して伝えられます。

 

 

 

 

 

 

 

決して強制的な保険勧誘ではありません。子供の将来を見据えた時、経済的な心配は必ず付いてきますので相談に乗ってもらうだけでも役に立つと思います。とくに小さいお子さんをお持ちの方(若しくは就学前のお孫さんがいる方)にお勧めしたいサイトです。

 

学資保険専門の無料相談サイト【ほけんガーデン プレミア】面接促進プロモーション

簡単予約フォームはこちら

いろんな出費で悩んでいる方に

家計全般の資金運営には是非

子供の教育費だけではなく、各世代いろんな出費で頭が痛い状況の方が多いと思います。今後の家計の運営において(コロナ禍という状況が重なり)不安や迷いを生じる事も決して不思議ではないでしょう。

 

 

☆【家計相談.com】新規相談プロモーション

 

 

 

 

 

 

家計の様々な資金運営に関する悩みや相談を「専門のプロ」に直接聞いてアドバイスを受ける事が出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

家庭の資金運営には何がある?

 

 

 

投資・積立

子供の学費、教育費

老後

結婚・出産・子育て

住宅購入、ローン

相続・年金

 

 

 

上記に加え、日常生活に関する「お金の問題」は多岐に渡ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

それぞれの専門知識を持つプロが的確なアドバイスを送ってくれますし、必ず突き当たる問題に対処してくれるので心強いと言えるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

家庭を持っている方なら必ず「う~ん、どうしよう?」という(家庭内の)資金繰りに頭を痛めます。決して一つだけの問題ではありませんので、その都度頭を悩ませる状況に陥るわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで「ファイナンシャルプランナー」が、培った知識で「これからの事」を一緒に考えてくれるパートナーになってくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

プランナーの特徴

 

豊富な相談実績

 

区別された専門領域

 

満足いくサービス提供

 

 

 

 

 

 

先ずはヒアリングからスタートして、そこからプランニングを提案しコンサルティングに入る流れになります。オンラインによる無料相談も受付けてるので、大いに活用されてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

値段設定もリーズナブルで安心出来ますし、今後の家庭運営を手伝ってもらうなら是非ともプロの相談員に話を聞いてもらう事をお勧めします。

 

【家庭相談.com】新規相談募集プロモーション

 ここから申し込むと初回限定無料

お金の問題なら先ずプロに相談

ここまで学資保険のアドバイザーと家計に関するプランナーについて書いてきましたが、大事なことは「話を聞いてもらう」という点です。

 

 

 

 

 

 

 

つまり、病院へ行って医師に自分の身体の状態を説明する感覚と同じ様に、決して身構えず気になる事を聞いてもらいましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

「お金がないから」という理由で全てを断念する前に「こういう方法がありますよ」と提案してもらい、寄り添ったアドバイスをしてくれる存在は本当に頼もしいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

「コロナ禍」という特殊な状況においてこそ、相談に乗って的確なアドバイスやプランを提案してくれる存在が重宝されると思いますし、これからは「より見通しの立つ情報」が必要不可欠になってくると思うのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あらゆる分野でお金の問題は常に付いて回りますので、少しでも家庭の堅実な運営を手助けしてくれる存在は非常に有難いと思います。将来を悩む前に相談してもらう選択肢を広げてみてはどうでしょう。

(合わせてお読みください)

これからの高校入試は私学がお勧め?いろんな角度で検証する受験対策を紹介。

 


コメントを残す